注目の若手ブランド〈A MACHINE〉が、多様なジャンルとのコラボレーションアイテムを発表

気鋭のデザイナー・金井慶介が手がける〈A MACHINE〉が、デザイン設計事務所〈DAIKEI MILLS〉、アーティストの〈BIEN〉などとのコラボレーションアイテムと共にショールームを開催。

by YOSHIKO KURATA
|
18 October 2019, 4:21pm

18AWシーズンよりスタートしたファッションブランドA MACHINEによる20SS ショールームが、10月18日から西麻布・CALM&PUNK GALLEYで開催する。

2016年に多摩美術大学テキスタイル専攻を卒業したデザイナー・金井慶介が手がけるA MACHINEは、“You are not a machine but like a machine”(あなたは機械ではないが、機械のようだ)をテーマに、毎シーズン1つの役割に焦点を当て人間らしさの美しさ、皮肉さを追求している。

20SSシーズンのテーマは、”DOCTOR”。コレクションノートには、あたかもデザイナー自身のクリエイションに対する想いを綴ったように、「具体的に医者という職業に限定している訳ではなく、何かを発表し、見てくれている人がいる限り、それは精神的な支えとして 人の命を救うことと同意義で、より純度の高いモノを作り続ける必要性に焦点を当てています」と記してある。

コレクションモチーフのインスピレーションは、手塚治虫作品のブラックジャック。また、ブランドとして初の試みとなる、アーティスト〈BIEN〉とのコラボレーションアイテム、デザイン設計事務所〈DAIKEI MILLS〉との共同企画のインテリア、アーティスト〈Years & Years〉のボーカルを務めるOlly Alexanderの衣装などを手掛けてきたATELIER D’ ORNEMENTSとのコラボレーションジュエリーを発表。ショールーム初日18日19時からは、パーティクルー〈Akashic〉を迎えたオープニングパーティを開催する。

”ファッションデザイナー”という肩書きには免許はいらないが、彼らの研ぎ澄まされた感性と、他者が纏った服と身体との間に生まれる空間が共有されることで、初めて”ファッションデザイナー”の役割は果たされる。

金井慶介という原石が葛藤と純粋な想いに磨かれ、A MACHINEとともに輝きだす瞬間を目撃してみては。

1571415463376-amachine

A MACHINE 2020SS “DOCTOR”
日時:2019年10月18日(金) ~ 10月21日(月) 13:00 ~ 20:00
場所:CALM&PUNK GALLERY
東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
※10月18日 19:00よりオープニングパーティを開催。
パーティークルー:Akashic
DJ: GF / Fullstop / taiki kumagai

Tagged:
Fashion
bien
A MACHINE
DAIKEI MILLS