「攻殻機動隊」Tシャツを入手せよ

世界で高い評価を受ける日本アニメ「攻殻機動隊」。来春公開の実写版『GHOST IN THE SHELL』の公開を祝い、カリ・ソーンヒル・デウィットがTシャツをデザインした。

by Noriko Wada
|
11 November 2016, 7:40am

士郎正宗原作の漫画「攻殻機動隊」シリーズの実写版映画がハリウッド制作によって来春公開される。本作は、テクノロジーが飛躍的に発展した2030年の日本を舞台に、国の情報機関である「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)が超情報化社会で発生するテロや暗殺、ハッキングや汚職などさまざまな犯罪に立ち向かう奮闘を描いた作品である。

この実写版『GHOST IN THE SHELL』は、映画「スノーホワイト」を手がけたルパート・サンダースを監督に、スカーレット・ヨハンソンが主演、北野武や桃井かおり、女優/モデルの福島リラなども出演することで大きな話題を呼んでいる。ティザー動画や舞台裏映像などが徐々に公開され、ファンの期待が加熱しているなか、ファッション界にもこの熱が伝わってきているようだ。

カニエ・ウエストやOff-Whiteとのコラボで、いま注目を集めているカリ・ソーンヒル・デウィット(CALI THORNHILL DEWITT)が、『GHOST IN THE SHELL』の実写化を祝ってTシャツをデザインした。このTシャツは、11月12日(土)原宿ラフォーレにあるセレクトショップGR8で開催される『GHOST IN THE SHELL』プレハッキングイベントにて数量限定で無料配布される。

また、イベントの主催がBig Love RecordsとDRX ROMANELLIとあって、REVOLVERのKIRIやSAPPHIRE SLOWS、Big Loveスタッフの石動丸倫彦、小山田米呂、AYA GLOOMYと東京ストリートの音楽通の面々がDJとして会場を盛り上げる。来年の公開より一足先に、「攻殻機動隊」の熱をファッションの世界で体感しに足を運んでみてはいかがだろうか。

Credits


Text Noriko Wada

Tagged:
Film
Scarlett Johansson
ghost in the shell
Big Love Records
rupert sanders
cali thornhill dewitt
gr8
drx romanelli