あなたの想像を超える、バーキンの価値

“ただバッグじゃない、バーキンなのよ。”


by Taylor Ford
|
07 April 2016, 5:10am

放映終了から10年以上たって今でも、絶大な影響力を誇る番組シリーズ「セックス&ザ・シティ」は、ケーブルテレビやネット動画配信サービスの番組表にリストアップされている。主人公4人のちょっと時代遅れな着こなしは話題にできても、番組がこれほど世間に定着するとは誰にも予測できなかったはず。
Coulda, Woulda, Shoulda(女たちの交差点)」と題された回で、ステータスバッグであるバーキンが欲しくてたまらないサマンサは、5年もある順番待ちリストの上に割り込もうと、彼女のクライアントである女優ルーシー・リューの名前を悪用する。それが、功を奏した。 もしサマンサが辛抱強く待っていたとすれば、バーキンの値段は買付額よりも71%も上がっていたことが、最近の研究によってわかった。株式やゴールドなどの天然資源に投資するよりも、バーキンに投資するほうがずっとリターンが良いのだ。バーキンは常に少量生産のため手に入りにくく、需要は相変わらず高い。一方で、途切れることのない順番待ちリストにエルメスは予約の制限をかけており、今後10年間で価格の高騰はさらに2倍になると予測されている。
2015年、1つのハンドバッグが史上最高額$223,000(約2, 540万円)の値をつけて落札された。2016年には記録的な数のコレクターと投資家がオークションに参加するとみられている。順番待ちリストを待ちたくないという人も多く、中古品ですら市場価格よりずっと高い値段がついているのだ。
REALREAL(ラグジュアリーブランド委託販売サイト)には、サイズ、カラー、素材によって分けられた$6,000から$50,000(約68~570万円)のバーキンが並び、比較のため小売価格も表記され、そのほとんどが、「売り切れ」だ。人々をステータスシンボルのマーケットへ駆り立てるのは「欲望」、ということが先ほどの研究では示されている。ということで、あなたなら宝くじを買い続ける?それとも、ハリウッドスターに近づく道を見つける?

Credits


Text Taylor Ford
Photo Image via Youtube

Tagged:
Fashion
Hermes
Birkin
value
Bag