Advertisement

ジェイミー・XXが『Gosh』のビデオを公開

ディレクターの指示に従ってください:「フルスクリーンにして爆音のスピーカーまたはヘッドフォンを着用してご視聴ください」

by Tom Ivin
|
07 July 2016, 5:36am

ジェイミー・XXがクラバー向けのトラック『Gosh』のビデオクリップを公開した。ロメイン・ガヴラス(Romain Gavras)が監督を務めたこの映像は、オシャレに誇張されたディストピアと化した未来に生きるアウトサイダーの物語である。ギャングや武道の要素が盛り込まれている本作品はググっても出てこないことで有名なハッサン・コーン(Hassan Kone)の紹介も含まれている。

ガヴラスは、2001年に中国に建てられたパリをレプリカした街"浙江省"を舞台に、浙江省のエッフェル搭ツアーをしてみせる。かつて美しい緑で潤っていたこの街も、今は雑草が生い茂り、エッフェル塔のレプリカも未完成のまま錆びついて残っている。中国に東に位置するこのゴーストタウンは、「階級」「革命」「居場所」をテーマにしたこの映像にはうってつけのロケーションだった。

彼の作品では、常に階級の差に焦点が当てられている。M.I.A.の『Born Free』と『Stress』、ジェイ・Zとカニエ・ウェストの『No Church in the Wild』を見ても、それは一目瞭然だ。今回の『Gosh』も同様である。

このビデオクリップは、紫のネオンに満ちた怪しげなマンションの一室から始まる。颯爽と姿を消す主人公は若手の武道家たちを呼び集める。M.I.A.がフランスのアーティストGener8ionとコラボしたミュージックビデオでみせた少林寺のカンフー学校を彷彿とさせる映像だ。ドローンで撮られたラストのロングショット、続きが気になってしょうがない。

Credits


Text Tom Ivin
Translation Nina Utashiro