Advertisement

ザ・ガーデンの最新MV『Call This # Now』

ヨーロッパツアーを敢行中のシアーズ兄弟。最新ミュージック・ビデオについて彼らにインタビューを行った。

by Francesca Dunn
|
12 September 2016, 5:45am

カラフルなスーツをまとい、不気味なピエロのメイクをほどこしたシアーズ兄弟(Wyatt Shears & Fletcher Shears)のスローモーション映像が満載の、ザ・ガーデン最新ビデオ『Call This # Now』が公開された。イギリスのコメディ番組『The Mighty Boosh』のカリフォルニア版といった世界観だ。Epitaph/Burger RecordsからのデビューLP『Haha』に続くリリースとなる今作は、この奇妙で素晴らしい映像も相まって、聴く者を突き動かすような狂気のトラックに仕上がっている。

「『Call This # Now』は、ビジネスにまつわる気持ち悪い現実を表現した曲」と、ワイアット&フレッチャー・シアーズ兄弟は説明する。「人生がいかに無情で、そこで人間がどんなにダメになり得るかを書いた曲。世界にはいわゆる大物ってやつが大勢いて、彼らに気に入られなきゃやっていけないのが現実。このビデオには、不快でどこか信頼がおけない、不透明な世界が描かれていると同時に、カラフルで希望に溢れた世界も描かれている。人生もそんな感じだろ」

ヨーロッパツアーの一環として先日、アムステルダムでライブを行なったザ・ガーデン。彼の言っていることを、このビデオを良く観て理解してほしい。

いわゆる大物になりたいと思いますか?
ワイアット(以下W:まったく。

ビデオ『Call This # Now』制作の背景について教えてください。
W:いま俺たちがいるビジネスに存在している気持ち悪い現実を描いてる。きっと他の業界でも同じだと思う。ビデオでは、現実の不快な面をビューアーに見せつつも、スマイルとウィンクで「でもがんばろうぜ」って言ってるんだ。

ビデオに出演しているトミー・ミッドナイト(Tommy Midnight)とはどのようにして出会ったのですか?
フレッチャー(以下F:昔からの友達なんだ。
W:高校のとき、俺のベースを見て、「それいいな」って声をかけてきたんだ。昔からフレンドリーなやつ。

ドレスアップ好きは何に端を発しているんでしょう?
F:映画『フィアー・ドット・コム』を見てハマったんだ。
W:ハロウィンだな。

子供のころのお気に入りのコスチュームは?
F:そんなものないな。ごめんね。
W:帽子を斜めにかぶったのが好きだったかな。

好きなピザのトッピングは?
F:オリーブかな。
W:ピザで一番好きなのは、スライスの先っちょのところ。そこを食べるときはまだ、トッピングの失敗に気づいてないから。

どの#(番号)に電話をすれば良いのでしょう?
F:もう1回ビデオを見ればわかるよ。
W:映画『ワン・ミス・コール』に出てくる番号にかけてごらん。あの映画、アカデミー賞もとったんだぜ。いや、とってないかも……。でもアカデミー賞級の映画だと今でも思ってる。

おふたりは、道中でみかけた電話番号に躊躇なく電話してしまえるタイプですか?
F:たぶんかけない。みんなごめんね。
W:かけない。「賃貸物件」の看板にかかれた番号だったらかけるかな。

かけるとしたら、その通話にどんな結果を期待しますか?
F:俺が電話をかけるだけの目的が果たされないとイヤだね。
W:かけた相手が英語を話せなかったら問題だな。英語以外で唯一話せる言語はSKY-RYANだけだし。

ジョークをひとつ。
F:ない。俺たちはトリックをプレイしにきたであって、ジョークを言いにきてるんじゃないから。
W:このサイトの文字を借りて答えるよ。I.D.K.(I Don't Know:わからない)。

もし変身の能力を持っていたら、何に変身したいですか?
F:車のフォード・サンダーバードに変身したい。
W:缶入りのポテチかな。

これまでに当たったもののなかで最高の賞品は?
F:UFOキャッチャーでとったもの。あれで何か取れると、奇妙に嬉しい気分になる。
W:ロードアイランドで、48Kが当たったことがある。今でも持ってるよ。

ヨーロッパツアーで楽しみにしていることは?
F:最後にツアーでここに来たときとは違う感覚でツアーができたらと思ってるよ。新しい会場、新しい都市、新しい気持ち、新しい経験を楽しみにしてる。
W:終わった後に、それまでとは違うポジティブな展望を見出せるようなツアーにしたいね。これが7-8回目だから。

これまで観た映画のキャラクターで、もっとも下品で好きなのは?
F:『スクール・オブ・ロック』なんかに出てるジャック・ブラック。
W:ゲーム『グランド・セフト・オート』シリーズのトミー・ベルセッティ。

Instagramの『機関車トーマス』ファンページは、最後のあなたたちとのインタビュー以降、更新されていないようだけれど?
W:そんなことないよ。毎月ちゃんとギャラも支払われてる。バンドがダメになったら、あれが頼みの綱だよ。

Credits


Text Francesca Dunn
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
The Garden
music interviews
call this # now