旧歌舞伎町ブックセンタービル建て壊し前最後の仕掛け、Chim↑Pomによる「にんげんレストラン」が2週間限定で開催

2014年のウェディング・デモ『Love is over』、2016年の個展『また明日も観てく れるかな?』に続く、アーティスト集団Chim↑Pomによる新宿から放つプロジェ クト第3弾が開催する。

|
okt 12 2018, 8:35am

2018年10月7日を持って営業を終えた東京・新宿にある歌舞伎町ブックセンター。今後、建て壊しが予定されるこの歌舞伎町で最も猥雑な場所で、その風刺とユーモアで溢れた独特のセンスで、国内外から注目を集めるアーティスト集団Chim↑Pomの新宿を舞台にした3回目となるプロジェクト「にんげんレストラン」が10月14日(日)から10月28日(日)の約2週間限定で開催される。

Smappa!Groupが今年実際に開店した新店舗「人間レストラン」から採用された本プロジェクトを構成するのは、死刑囚が刑執行前に実際に食べる「Last meal(最後の食事)」のメニュー提供や、若手アーティスト関優花をはじめとした様々なアーティストたちが参加するライブやパフォーマンス。テーマを設けたワンナイトイベントも開催予定だ。

再開発が進み、エンタメ都市として定着しつつある、眩しいほどに明るい極彩色の光と底知れぬ深い闇が見え隠れする新宿・ 歌舞伎町。戦後の焼け野原から始まった歴史を持つ歌舞伎町だからこそ、そして、「公共」からみる都市論が基となった「にんげんレストラン」ではChim↑Pomによる恐ろしいほど華やかなアートパワーを発信するに違いない。

にんげんレストラン
会場:旧歌舞伎町ブックセンタービル3フロア
期間:2018年10月14日(水)~10月28日(日)
時間:午後14:00−午後21:00
※19日、20日は、PM14:00-PM16:00 夜はワンナイトイベントが開催される。