Supremeがサムスン社とコラボ、しない

Supremeはサムスンとは協業しない。少なくとも私たちの知っているあのSupreme​は。

|
12 december 2018, 12:29pm

via Twitter

今週サムスン社 中国支部デジタル・マーケティング・マネージャーが、Supremeとの共同プロジェクトを突如発表。2019年に北京に7階建てのフラッグシップストアをオープンし、上海で初のランウェイショーを行なうとのアナウンスを行い、物議を醸している。

発表は巧妙で、SupremeのCEOと称した2人のアジア系の人物までステージに登場した。しかし、彼らは私たちがよく知る本家のSupremeとはまったく関係のない〈偽Supreme〉だったのだ。今回サムスンが協業するのは、International Brand Firm社が展開するブランドのSupreme Italia(シュプリーム イタリア)。イタリアに拠点を置くこの〈偽Supreme〉は、Supremeの模造品を販売している、いわば偽ブランドだ。

ファンからの非難をうけたサムスン中国支部は、「我々はSupreme NYCではなく、Supreme Italiaとコラボレーションするのです」とコメントを発表。加えて「Supreme NYCは中国において販売や製造の承認を受けていませんが、Supreme Italia は日本を除いたアジア太平洋地域において販売や製造承認を得ています」と語った。

本家Supreme はインスタグラム・ストーリーで「Supreme はサムスンとコラボレーションすることも、北京にラッグシップストアを持つことも、上海のメルセデス・ベンツ・カルチャーセンターでランウェイショーを行なうこともありません。これらの主張はすべて虚偽であり、偽造組織によって広められているのです」との声明を発表した。

中国の偽Supremeがニュースを巻き起こしたのは今回が初めてではないし、たぶん最後というわけにもいかないだろう。サムスン社はこのまま偽Supremeと仕事を続けていくのだろうか。

そして本物のSupremeとサムスン社の関係はどうなるのだろう? まあ、そもそも彼らはアップル製品好きに見えるけれど。

Supreme_Samsung_statement
via Instagram

This article originally appeared on i-D AU.