リトル・シムズが参加したバカルディ主催のパーティ「Over The Border」をレポート

「Over The Border=既存の概念を越える」をテーマに、またもやバカルディが仕掛けてくれた。

|
05 december 2018, 2:00am

こと音楽やアートの分野で”越境”こそがクリエイティビティの源となることは少なくない。11月5日(月)、渋谷にオープンしたばかりの新名所、ストリームホールにて開催された招待制パーティ「Over The Border」は、ラム酒のブランドであるバカルディが主催する“既存の概念に捉われない越境者”がコンセプトのイベントだ。

2017年の〈TABLOID〉での開催に続き、東京では2度目。3フロアから成る会場は、先鋭的な音楽とアート、そしてそれを楽しむ人で溢れかえった。

エレベーターを降りて一歩会場に踏み込むと、廃材と自然素材を用いた強烈なインパクトのオブジェに囲まれる。昨年もエントランスを担当したアーティスト、R領域による作品群。ここからすでに”越境”体験は始まっていた。

1543563052476-20181105-Bacardi-OverTheBorder0005
Photography Jus Vun

その先には、UKアーティストJOE CRUZによるトランスジェンダーのカップルがキスをしている巨大な作品が現れる。ローファイな雰囲気でありながら先進的なモチーフを描くことを得意とする彼が手がけた「Over The Border」のメイン・ビジュアルも展示され、撮影スポットとして大賑わいだ。

同フロアには、ベルリンを拠点に世界中を駆け巡り制作を行なうHiroyasu Tsuri a.k.a. TWOONEによる壁画、ファッション界と音楽界をまたにかけて活躍するKOSUKE KAWAMURAによるグラフィック作品がディスプレイ。またJUN INOUEによるアブストラクトな“線”で描かれた作品からは、時代を超越した日本の伝統的な精神性が感じられる。

1543565779403-A0001
Photography Gaku Maeda
1543565849687-20181105-Bacardi-OverTheBorder0012
Photography Jus Vun
1543565865281-20181105-Bacardi-OverTheBorder0017
Photography Jus Vun
1543566003190-A0003
あなたがもっとも情熱を傾けられるものは? 「遊ぶ事となにかをつくる事」 ── JUN INOUE
Photography Gaku Maeda

バックに流れるのは、併設されたDJブースから放たれる多彩なサウンドだ。フランスのインターネットラジオで番組を配信するLil Mofo、アメリカからドバイまで世界中のイベントに引っ張りだこのDJ SARASA、現在の東京シーンをエキサイティングに盛り上げるユニットYOSA & TAARといった面々が音楽を担当。アンダーグラウンドハウスからヒップホップに陽気なパーティチューンまで、それぞれが持ち味とするサウンドスケープが描き出され、DJたちの個性によって会場のムードは次々と変わっていく。

1543566212351-53
Photography Masanori Naruse
1543567075928-120
ククリエイティビティが私たちにもたらしてくれるものはなんだと思いますか?「普通に生活するだけでは思いつかないような角度から脳を刺激して、新しい世界を紹介してくれると思います」── DJ SARASA
Photography Masanori Naruse

ひとつ上の階へとエスカレーターで上がると、そこはまた異なるムードの世界が広がる。美術館のような整然としたクールな空間だ。中央に積まれた多数のブラウン管テレビからは、カラフルな映像が映し出されている。ノスタルジックな未来観とでも言おうか。「社会に新しい景色を創りたい」という東京ベースのクリエイティブ集団YARによるインスタレーションだ。写真表現において唯一無二のスタイルを確立し、インスタグラムで話題を呼んでいる気鋭のクリエイターNaohiro Yakoの作品からは近未来感が放たれている。世界各地で撮影されたカラフルで幻想的な風景の美しさに、息を飲み、食い入るように見つめる来場者の姿が印象的だった。

1543567494717-20181105-Bacardi-OverTheBorder0095
最も影響を受けた人は?「YARのチーム作りに参考になっているのは、アーキグラムやメンフィスのような実験的デザイン集団」 ── YAR
Photography Jus Vun
1543567725839-20181105-Bacardi-OverTheBorder0059
あなたがもっとも情熱を傾けられるものは? 「時代性と自分の面白いという直感が重なったときの創作物」 ── NAOHIRO YAKO
Photography Jus Vun

さらに上の階へと上がると、一転してパーティ会場が出現。メインのミュージックホールの天井からは、数々のオブジェが吊るされている。Burning Manなどにも参加するアート集団MIRRORBOWLERによる作品だ。様々な形状のミラーボールが、煌めき溢れる空間を演出。エントランスで度肝を抜いたR領域も再び参戦し、今にも動き出しそうなオブジェが、ステージ脇からモンスターのような存在感を発している。

そんな異次元スペースのステージにまず登場したのは、LAを拠点とする新興レーベルSOULECTION所属の唯一の日本人DJ/アーティストであるYukibeb。往年のR&Bクラシックから、最新ヒットまでを取り混ぜてパーティムードを盛り上げる。続くDJ KOCO a.k.a. Shimokitaは、JUN INOUEによるライブペインティングとのコラボレーションを披露。世界を股に掛けて活躍するターンテーブル・アーティストがソウルからファンク、ヒップホップ、ディスコまでをジャンルレスに紡ぐ傍ら、ステージ上の大きなキャンバスにはしなやかな流線型のアートピースが描かれていく。ビートに乗って創作される様は、まさに音楽とアートとのクロスオーバーの瞬間だった。

1543568065421-20181105-Bacardi-OverTheBorder0198
Photography Jus Vun
1543567968997-20181105-Bacardi-OverTheBorder0263
Photography Jus Vun

3番手に登場したのは、ウガンダから初来日したDJのKampire。欧米のアーティストたちがこぞってアフリカに向かう今、特に注目を浴びる東アフリカ発のエレクトロニック・サウンドシーン。その中核を担うアーティストコレクティブ〈Nyege Nyege〉のコアメンバーでもある彼女は、この日のオーディエンスにその真骨頂を体験させてくれた。安定感ある心地良いビートに、軽やかに跳ねるアフリカンな楽器と歌。馴染みのない曲でも、常にアップリフティングなムードでフロアに自由な空気を届けてくれた。

1543568162120-20181105-Bacardi-OverTheBorder0277
あなたによってより良い未来とは? 「性別、経済的背景、性的趣向に関わらず、ひとびとが自由に機会を追求できる世界」 ── KAMPIRE
Photography Jus Vun
1543568193271-235
Photography Masanori Naruse

ラストを締め括ったリトル・シムズは、ケンドリック・ラマーやローリン・ヒルも絶賛するロンドン出身のラッパー。まずはDJ OTGによるDJタイムで幕を開け、たっぷりじらしてフロアを扇動した後、オーディエンスの我慢ももう限界という瞬間に彼女がステージに登場、のっけからフルスロットルでパフォーマンスを披露した。ドープなベースラインが特徴的な新曲『Offence』や、メロウなアッパーチューンなど、様々なスタイルのトラックに乗せて、ストリート感溢れるパワフルなラップとパフォーマンスで観客を圧倒する。「もうすぐリリースするニューアルバムからの新曲」というMCで始まった『Selfish』では、初めて聴くはずのオーディエンスを巻き込み“I’m selfish(私は自分勝手)”と大声で合唱させるなど、クラウドの操縦術にも長けている。ラストはDJブースからDJ OTGも飛び出し、2人が激しい掛け合いを繰り広げた。オールドスクールなヒップホップに対するリスペクトと愛、エナジーが溢れるステージだった。

1543568376796-294
クリエイティビティが私たちにもたらしてくれるものはなんだと思いますか? 「クリエイティブにいることは生き方、自己表現そのもの」 ── Little Simz
Photography Masanori Naruse
1543568397912-354
Photography Masanori Naruse
1543568415100-367
Photography Masanori Naruse

ジャンルや国境という垣根を越えてして活動するアーティストたち。彼らのカッティングエッジな音楽やアート、生き方に触れたことで触発された来場者も多かったに違いない。音楽とアート、そして人々とが”越境”した「Over The Border」。新しい体験と刺激に満ちたエキサイティングな夜だった。

1543569213984-20181105-Bacardi-OverTheBorder0371
Photography Jus Vun
1543569242952-20181105-Bacardi-OverTheBorder0062
Photography Jus Vun
1543569052160-20181105-Bacardi-OverTheBorder0324
Photography Jus Vun