i-D The New Dawn Issue, No. 247, September 2004. Photography Richard Burbridge. Fashion Director Edward Enninful. Make-up Pat McGrath. Model Jessica Stam.

i-Dアーカイブから選んだ究極の写真35枚

現代はノーメイクの時代。でもハジけたメイクじゃないと表現できない「内面の美しさ」だってあるはず。i-Dアーカイブから厳選した、もっともクリエイティブでカラフル、そしてワイルドな美しさを捉えた写真35枚を紹介。ぜひ家で試してみて!

by i-D Staff
|
07 April 2016, 12:40pm

i-D The New Dawn Issue, No. 247, September 2004. Photography Richard Burbridge. Fashion Director Edward Enninful. Make-up Pat McGrath. Model Jessica Stam.

1)編集長レイネット・ナイランダー曰く、「この写真に注がれたスキルと芸術性は、素晴らしいのひと言。i-コニックよ!」

i-D The Ice Cream Issue, No. 278, July 2007. Photography Cedric Buchet. Styling Joanne Blades. Hair Rita Marmor. Make-up Pep Gay. Model Mina.

2) この号でセドリック・ブチェットが作り出した世界観は、この世のものとは思えない美しさ! 全ページを見るにはここをクリック。

i-D The Just Kids Issue, No. 320, Pre-Fall 2012. Cover Stars Kel Markey and Herieth Paul. Photography Sølve Sundsbø. Fashion Director Charlotte Stockdale. Hair Peter Gray. Make-up Miranda Joyce.

3) ソルヴァ・スンツボは、この「Just Kids」特集号のカバーで読者をイマジネーションの世界へと誘なってくれた。この"色彩のカーニバル"は、年に一度開催されるヒンズー教の愛の祭「ホリ」から着想を得たもの。

i-D The !*#? Issue, No. 282, November 2007. Photography Alasdair McLellan. Fashion Director Edward Enninful. Hair Paul Hanlon. Make-up Aaron De Mey. Model Jack.

4) このアラスデア・マクレランの写真は、私たちの第六感を刺激する! i-D webビューティエディターを務めるイサマヤ・フレンチが「Activist」特集号で手掛けたページはこちら

 i-D The Future Issue, no. 136, January 1995. Photography Craig McDean, Styling Edward Enninful, Make-up Pat McGrath at Streeters, Hair Michael Boadi, Model Kiara. Shirt Equipment, jacket by Joseph, tie by Agnes B.

5)パット・マグラスがクレイグ・マクディーン、エドワード・エニンフルと組んで挑んだ、初のi-Dショット。20年のときを経た今でも、このショットはフレッシュな輝きを放っている。「Future」特集号に掲載。

i-D The Expressionist issue, No. 249, November 2004. Photography Eric Nehr. Stuling Sarah Richardson. Hair Christian Eberhard. Make-up Houda Remita. Model Polina Kouklina.

6)アリゾナ・ミューズが2012年の「Lights, Camera, Action」特集号の表紙をピッグテールで飾る以前、2004年の「Expressionist」特集号でポーリナ・ククリナはすでに複雑に編み込んだ髪を披露していた。

i-D The Lights, Camera, Action Issue, No. 319, Summer 2012. Photography Daniel Jackson. Styling Alastair McKimm. Hair Yannick d'Is. Make-up Yadim. Model Alexandra Marzella.

7)染料を塗ったアーティストのアリー・マージェラが完全な美を表現した「Lights, Camera, Action」特集号。

i-D The Best of British Issue, No. 297, March 2009. Photography Sølve Sundsbø. Concept and Fashion Director Edward Enninful. Hair Luigi Murenu. Make-up Stéphane Marais. Model Lily Cole.

8)イギリスが誇るモデル、リリー・コールの巻いた赤毛のすばらしさよ! いつまでも見ていたい!

i-D The Define Yourself Issue, No. 309, Fall 2010. Photography Daniele + Iango. Styling Alastair McKimm. Hair Luigi Merenu. Make-up Virginia Young. Model Joan Smalls.

9)ルイジ・ムレヌがジョアン・スモールズに巨大なたてがみを作ってみせた2010年の「Define Yourself」特集号。この号ではもうひとつ、クリステン・マクメナミーがシルバーのヘアで雪の女王のような存在感を見せていた。

i-D The Offspring Issue, No. 280, September 2007. Photography Emma Summerton. Fashion Director Edward Enninful. Hair Danilo. Make-up Mathias van Hooff. Model Gemma Ward.

10)ジェマ・ワードは、PradaのSS15コレクションでショーに復帰する前、「Offspring」特集号に原色メイクでカバーストーリーに登場していた。

i-D The Skin Issue, No. 262, January 2006. Photography Ronald Stoops. Make-up Inge Grognard. Model Catharina.

11)100歳でも魅力的な容姿でいるには? あなたを包みこんでいる肌に感謝することよ!

i-D The Define Yourself Issue, No. 309, Fall 2010. Photography Emma Summerton. Fashion Director Edward Enninful. Hair Ben Skervin. Make-up Mathias van Hooff. Model Lindsey Wixson.

12)2014年の「Beauty」特集でハーレー・ウィアーがリンジー・ウィクソンの官能的な唇を撮した4年も前に、マサイアス・ファン・フーフがすでに彼女の唇をハートで捉えていた。

i-D The Loud Issue, No. 311, Pre-Spring 2011. Photography Emma Summerton. Fashion Director Edward Enninful. Hair Jimmy Paul. Make-up Mathias van Hoof. Model Ajak Deng.

13)「初めてパンクをやったのはあのi-D撮影で、パンクやゴスの服を着たのもあれが初めてだった。最高に楽しかったわ!」とモデルのエイジャク・デンは「Loud」特集号のカバー写真について言っている。彼女のリバース・モヒカンと猫のようなアイメイクを見たら、きっとスージー&ザ・バンシーズのスージーは自分が後世に残したものを誇りに思うはず!

i-D The Just Kids Issue, No. 320, Pre-Fall 2012. Photography Sølve Sundsbø. Fashion Director Charlotte Stockdale. Hair Peter Gray. Make-up Miranda Joyce. Model Susannah.

14)10代の瑞々しいライムグリーンの夢に原色が吹きかけられ、七色の彩りになった、ソルヴァ・スンツボ撮り下ろしの「Just Kids」特集号のカバー写真。

i-D The Hedonist Issue, No. 313, Summer 2011. Photography Matt Jones. Make-up Colleen Creighton. Model Behati Prinsloo.

15)2011年の「Hedonist」特集号で自身のダークな一面を探った、南アフリカ出身のVictoria's Secretモデル、ベハティ・プリンスルー。ミスフィッツの元ボーカル、グレン・ダンジグのバンドTが放つ世界観を完璧に表現しているだけでなく、彼女はこのパンクウェアの象徴的なスカルロゴに見事に馴染んだ。

i-D The Skin Issue, No. 262, January 2006. Photography John Scarisbrick. Make-up Alex Box. Hair Raphael Salley. Model Louise Donegan.

16)アレックス・ボックスが描く繊細なバラの絵は、バラそのものよりも美しい。

i-D The Whatever the Weather Issue, No. 317, Pre-Spring 2012. Photography Chen Man. Styling Lucia Lu. Hair Gao Jian, David Tian. Make-up Terry Barber. Model Meng Lu.

17)2012年、チェン・マンは「Whatever the Weather」特集号のカバーで、チベット出身のティーン4人を含む9人のモデルグループを撮影した。このフォトシリーズは、後に『Business of Fashion』誌に「2012年に発表されたフォトシリーズのなかでもっともクリエイティブかつ先進的な作品」と言わしめた。お気に入りを選ぶのは難しいけれど、メン・ルーの明るいブルーの眉毛は今見ても新鮮さに満ちている。マンのカラフルで狂おしいi-Dアーカイブはこちら

i-D The Hedonist Issue, No. 313, Summer 2011. Photography Richard Bush. Styling Veronique Didry. Hair Shon. Make-up Mathias van Hoof. Model Anais Mali.

18)「Hedonist」特集号で、マサイアス・ファン・フーフが厚く黒い世界を創造した。

i-D The Real Issue Issue, No. 146, November 1995. photography Paola Kudacki. Styling Hannah Laffitte. Hair Peter Gray. Make-up Tyron. Model MariaCarla.

19)1995年の「Real」特集号でタイロンが手がけたフェイスペイントは、モデルのマリアカルラの濃い眉を見事に引き立てている。ピーター・グレイが作り出したチェーンのような丸型の連鎖ヘアは、この20年後、ラフ・シモンズが手掛けるDiorのショーで再現され、話題となった。

i-D The We Got Issues Issue, No. 273, February 2007. Photography Alice Hawkins. Styling Charles Adesanya. Hair Amiee. Make-up Nora Nona. Model Charles Adesanya.

20)映画『ミーン・ガールズ』(2004)のダンスパーティでカレン・スミスは背骨を痛めて首を固定されているが、アリス・ホーキンスが2007年に撮り下ろしたこのショットなら問題なくできるはず!

i-D The Role Model Issue, No. 321, Fall 2012. Photography Daniele + Iango. Concept Lugi Murenu. Styling Patti Wilson. Hair Luigi Murenu. Make-up Hannah Murray. Model Guinevere van Seenus.

21)今どきはカーラ・デルヴィーニュの極太眉が話題になったが、このただただ美しいショットは極細眉の力強さを見せつけてくれる。

i-D The Wealth Issue, No. 269, September 2006. Photography Ben Dunbar-Brunton. Hoods by Lee Benjamin and Stefan Knight. Styling Erika Kurihara. Hair and Make-up Stefan Knight.    

22)唇、まつげ、黒そして黒—ステファン・ナイトによる「Wealth」特集号の作品は、これまでi-Dが発表してきた数多くの作品の中でも最も大胆なもののひとつ。

i-D The Spectator Issue, No. 220, May 2002. Cover Star Natalia Vodianova. Photography Steven Klein. Styling Edward Enninful. Hair Orlando Pita. Make-up Pat McGrath.

23)パット・マグラスはスパイスガールズからヒントを得て、彼女たちのヒット曲「2 Become 1」よろしくナタリアの眉毛を一本につなげてこの「Spectator」特集号のカバーを作り出した。

i-D The Street Issue, No. 326, Pre-Fall 2013 Photography: William Selden. Make-up: Isamaya Ffrench. Model Jamie Baah-Mensah

24)「アートをチェルシーで、プロダクトデザインをセント・マーティンで学んだんだけれど、小銭稼ぎとしてフェイスペイントを始めたの」とi-Dのビューティ・エディターのイサマヤ・フレンチは昨年語った。当時23歳だったイサマヤは、この「Street」特集号で離れ業を見せつけた。

i-D The Flesh and Blood Issue, No. 304, Winter 2009. Photography Hans Feurer. Styling Sebastian Kaufmann. Hair Raphael Cornillon Make-up Fredrik Stambro. Model Tania Dziahileva.

25)ターニャ・ディアヒレヴァの瞳に輝く水色は、あなたがまばたきしているうちにその色を変えてしまう。フレドリック・スタンブローがほどこした淡いアイシャドーによって、その瞳は誰も忘れることができないものになった。

i-D The Graduate Issue, No. 223, September 2002. Photography Steven Klein. Make-up Pat McGrath. Hair Michael Boadi. Model An Oost.

26)ジェイミー・ボーチャートがお尻をさらけだした姿がカバーとなった「Graduate」特集号は、誌面の随所にパット・マグラスとスティーブン・クラインによる遊び心たっぷりのボディーペイントのおかげで、華やかな一冊になった。

i-D The Q&A Issue, No. 324, Spring 2013. Photography Angelo Pennetta. Styling Sara Moonves. Hair Christiaan. Make-up Sara Glick. Model Chloe Norgaard.

27)クロエ・ノーガードの髪は、夢のようなテクニカラーの万華鏡。最近では脱色したブロンドにしているようだけど、これまで彼女はあらゆるヘアカラーを試し、そのどれもが彼女を引き立て、似合っていた。「Q&A」特集号では、アンジェロ・ペンネッタが虹色の4色、赤、オレンジ、黄色、緑を彼女の髪に再現した。

i-D The Royalty Issue, No. 318, Spring 2012. Photography Daniele + Iango. Styling Patti WIlson. Hair Luigi Murenu. Make-up Stéphane Marais. Model Sui He.

28)カール・ラガーフェルドがパッドを目に(サングラス越しに)貼ったカバーが話題となった「Royalty」特集号だったが、ステファン・マレーがスイ・ハを女神の銅像に仕立てた逆カバーもまた美しいと話題に。

i-D The Girls + Boys Issue, No. 332, Pre Fall 2014. Photography Mehdi Lacoste, Hair Joel Benjamin, Make-up Isamaya Ffrench

29)イサマヤ・フレンチの波型を描いた眉メイクに私たちを狂喜したもの。アイライナーでできる他のメイクはこちら

i-D The Creative Collaborations Issue, No. 327, Fall 2013. Photography Matthew Stone. Styling Matthew Josephs. Boy Child wears top Dolce & Gabbana. Wire wreath Matthew Josephs. 

30) 「"美しさの美"はその主観的な在り方に宿っている。内なる意図が物理的存在の輪郭を正当化できたときに起こる、マジカルな瞬間こそが"美"というもの。真摯で繊細な美には強さがある」と、パフォーマンスアーティストのボーイチャイルドは語った。2013年の「Creative Collaborations」特集号で、彼女はコードでできた冠をかぶり、白いまつげに水色の唇、そしてコンタクトレンズで青白くした瞳で鮮烈なイメージを打ち出した。

i-D The Activist Issue, No. 336, Spring 2015. Photography Richard Burbridge. Styling Lucy Ewing. Make-up Isamaya Ffrench.

31)「Activist」特集号では、本誌が選ぶニューフェイスたちに「いまの心情」を言葉にしてもらい、イサマヤ・フレンチは彼女たちの顔をキャンバスとしてそれらの言葉をビジュアル化した。感じていることは隠さず、信じるままに生きよう!

Photography Kimi Hammerstroem, Styling Pandora Lennard, Artwork Eve at the Digi Fairy, Hair Nicole Kahlani, Make-up Danielle Kahlani, Model Anja Konstantinova

32) 絵文字にインスピレーションを得たこのショットに、私たちは歓喜した。涙を拭いて、絵文字たちがこの特集でどんなメイク作品になったかをチェックしてみて。

i-D The Time is Now Issue, No. 325, Summer 2013. Photography: William Selden. Styling: Simon Foxton. Make-up: Isamaya Ffrench.

33)大胆なリップと眉メイクが、綿あめのようなヘアと組み合わされたパステルポップなこの作品。粘土で作った魚やこぼれるスライムはリアルでシュールだ。

i-D The Hedonist Issue, No. 313, Summer 2011. Photography Matthew Stone. Styling Matthew Josephs. Body make-up Isamaya Ffrench. Theo wears dress Roberto Cavalli.

34) イサマヤ・フレンチはペイントに繊細なひび割れ効果をほどこし、マシュー・ストーンの世界観を見事に表現した。

i-D The Creative Issue, No. 330, Spring 2014. Photography Richard Bush. Fashion Director Sarah Richardson. Jacket vintage at Rellik customized by Eunkyeng Seo using patches from Mint Vintage and Jennie Maizels. Jacket (worn underneath) DKNY. Top Fox at Freestyle Extreme. Roll neck Uniqlo. 

35) ナタリー・ウェストリングは、本誌「Activist」「35th Birthday」特集号に登場する前、ダメージデニムをはいてリチャード・ブッシュとサラ・リチャードソンとともにロンドンの街へと繰り出した。真っ赤な髪と水彩メイクで当時17歳だったナタリーは、ロンドンの街でひときわクールな存在感を放っていたもの。

Credits


Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
Archive
hair
make up
best of i-d