東京からのラブレター:小見山峻

新鋭フォトグラファーが「愛」をテーマに作品を撮り下ろした「東京からのラブレター」シリーズ。今回はエッセイストとしても活動する写真家の小見山峻が「愛」を映し出す。

by i-D Staff
|
16 November 2016, 2:30am

聞くところによると「最後には愛が勝つ」らしいが、敗れた鉄屑が孤独の中で産む「錆」こそが無垢な愛だと、僕はそう信じていたい。
小見山峻

Credits


Photography Shun Komiyama

Tagged:
the heart-to-heart issue
letter from tokyo
shun komiyama