Collage by Douglas Greenwood

ファッション好きにはこれ!今年贈るべきプレゼントリスト決定版

ガールフレンドから親友、姪や甥まで、難しい相手へのプレゼント選びのコツを伝授する。

by Mahoro Seward, Osman Ahmed, and Fiona Hartley
|
23 December 2021, 9:24am

Collage by Douglas Greenwood

クリスマスが今年もやってくる。今年もあなたは最後の最後までショッピングに追われている。それも仕方のない話だ。どんなに調子のいいときでも買い物は根気が要るものだが、贈る相手が口うるさいファショニスタ(もちろんあなた自身も含まれる)となれば、また別の苦労がある。間違ったギフトを選べば、荒野に永久追放されるも同然だ。ただし賢い選択さえすれば、感謝の言葉を雨あられのごとく浴びせられ、Instagramで褒め称えられるかもしれない。つまり、一か八かの賭けなのだ。

クリスマスの奇跡を起こすべく、今回i-Dは、思いつく限りのファッション好きのためのギフトガイド決定版を作成した。面倒なプレゼント選びはもう必要ない。あとは注文ボタンをクリックして、NET-A-PORTERのバンに乗ったサンタに届けてもらうだけだ。ファッションスクールを卒業する姪っ子からアウトドア好きなボーイフレンド、シュガーベイビー(※経済的援助を目的として裕福な相手と関係を持つひと)の親友、ポッドキャストを始めたばかりの女の子まで、あらゆる相手に対応したギフトの虎の巻をお届けする。

Artboard 1.png

セクシーなシュガーベイビーの親友へ

哀れなスヴェトラーナ。もちろんこれは仮名だし、実際の彼女はまったく〈哀れ〉には見えない。でも、どれほど良い暮らしをしているように思えても、スヴェトラーナはプレゼントの山に埋もれる以上に好きなことはない。それが彼女にとっての愛の証しなのだ。他人のイメージとは裏腹に、スヴェトラーナの好みはいたってシンプル。彼女が好きなのは最高級(つまり一番高い)のものだ。当然、プレゼント選びは困難を極める。高価な天然素材、カフェテリア風ベイクドポテト(もちろんキャビアを添えて)、有名形成外科でのセルフケア、ピンクのシャンパン、そしてもっと濃いピンクのダイヤ……。彼女の生活や贅沢への飽くなき欲求を見ていると、カーダシアン姉妹が修道女に思えるほどだ。豪奢なアクセサリーやきらびやかなライフスタイルのための資金の出処を怪しむひともいるが、彼女の不思議なほど時の流れに抗う若々しさと、曖昧なヨーロッパ風アクセントの魅力は、誰にも否定できない。

そんな何もかも手にしている親友には何を贈ればいいのだろう。まず候補に挙がるのは、BalenciagaとGucciのフューチャークラシックなコラボレーション〈Hacker Project〉のアイテムだ。ふたつのハイブランドをひとつのアイテムで堪能できるなんて、これ以上に彼女が好きなことがあるだろうか。もしくは、それは彼女の〈パトロン〉に任せておいて、もっとお手頃な、彼女の精神的な故郷であるHarrodsとPalaceがコラボしたキャップや、FRAME x Ritz Parisのジムバッグもいいかもしれない。彼女が屋内で本物のタバコを吸う最後の生き残りなら、ヴォーグモント・メンソール1箱に、Hermèsの灰皿(ヒョウの絵柄がポイント)を添えてプレゼントしてもいいだろう。それがダメなら、セラピーを予約してあげよう。自分に必要なのは買い物セラピーだけだと彼女は主張するかもしれないが、見かけ以上に複雑な事情を抱えていることだってある。

Artboard 2.png

スワンプコアなガールフレンドへ

スワンプコア(※湿地やそこに生息する動植物に関する美学。動きやすい服装やオーバーサイズのアイテムなどを好む)な彼女にとって、今年は大儲けの1年だった。パンデミックの前半でInstagramのアーカイブストアの売り上げが急増して以来、彼女がDepopで〈いいね〉するニッチなオーガニック羊毛フェルトのアイテムは、ことごとく完売。ZenMarket(※日本の海外向け購入代行サービス)で購入したもの以外は珍しがらないくらい目が肥えている。

だからこそ、そんな彼女には、地方に住む家族とのクリスマスディナーの席でくるくるのロックスヘアがあまり悪目立ちしないよう、ヘアケアブラシのタングルティーザーなど、ささやかなアイテムを贈るのがいいだろう。ラッキーなら、@stomachofyourdeadsoulmateで映画『ジェニファーズ・ボディ』のワンシーンがプリントされた露出度の高いタンクトップが手に入るかもしれない。若いデザイナーの支援が大好きな彼女なので、欲しいものリストの一番上にはFidan Novruzovaの完璧なスクエアトゥブーツが、その次にはRosie Grace Wardのネックレスが入っているに違いない。彼女が大量に持っているアンサンブルニットにもぴったりだ。もしくは、コンブチャのスターターキットは、彼女がShe’s Lost Controlで巨大な水晶を購入してカードの限度額を超えて以来、微妙だったお父さんとの関係を修復するきっかけになるかもしれない。想像してほしい。ふたつの世代が菌の発酵やサワードウを通して交流する姿を。イーストで心温まる休日を過ごそう!

Artboard 4.png

アウトドア好きなボーイフレンドへ

アウトドア好きなボーイフレンドのための買い物は、ちょっとした悪夢だ。あなたがいいと思うものをあげたら、きっと反感を買うだろう。「えっと、ありがとう、でもどうして僕がずっと欲しがってたオークションサイトの韓国のヴィンテージのワークウェアを選んでくれなかったの? 僕のこと何もわかってないな」と彼の目が責め立ててくる。とにかく好みがめちゃくちゃニッチなので、ここはもう降参して、ゴツい業務用仕様のiPhoneケースと3 in 1のシャンプー・コンディショナー・シャワージェルなど、実用的なものに逃げたくもなる。でも、私たちがついてるから、希望は捨てないで! 超高級アイテムで全身を固めた建設作業員として生きるという彼の夢の実現を手伝うためには、Arnar Már JónssonPost Archive FactionKiko Kostadinovのアイテムを選んでおけば間違いない。

特にKiko Kostadinovの極秘のサイドプロジェクト〈OTTO 958〉のキャップを選べば、さらにポイントが高い。ベラ・ハディッドも着ているところをキャッチされた、194localのリップストップ生地のコンバットパンツもかなり手堅いアイテムだが、ひとつ注意したいのは、有名人が着用して流行っていると証明されたことで、彼のリストから外れた可能性もあるということだ。しかし、最初に彼に惹かれた理由を思い出してほしい。彼は本物の教養マニアで、一貫した機能的なファッションだけでなく、難解なインテリアや建築、オブジェにも情熱を注いでいる。Alvar Aaltoのスツールや、ビル・コーリガスのレコードレーベル〈PAN〉のテストプレス、ヴィジュアルアーティスト、アン・イムホフの次のパフォーマンスのチケット、キエフへの週末旅行など、今年のクリスマスは思慮深い恋人にちょっと変わったプレゼントを贈ってみてはどうだろうか。結局、閉鎖された原子炉で鼻血が出そうなシュランツ(※ヨーロッパのハードテクノから派生した音楽ジャンル)に体を震わせたり、みぞれの中サルート・ホテルの前でキスする以上にロマンチックなものはない。

Artboard 5.png

やや時代遅れなガールボスの従姉妹へ

今年のクリスマスは、ガールボスの従姉妹のことも思い出してほしい。彼女にとっては、大変な1年だった。ここ半年は〈新しいメディア〉へのはしごを登っていた彼女だが、結局は全社員が対象のDE&I(Diversity, Equity and Inclusion: 多様性、公平性、インクルージョン)の匿名調査に物議を醸すコメントをしたとして非難された。彼女はあなたより2、3歳上なだけにもかかわらず、文化的なギャップはこの上なく大きい。まずはどこから始めるべきか? Le LaboのSantal 33がベストセラーだった頃から彼女の香水は更新されていないので、いつでもストックを補充してあげられるし(彼女は結局快適さを優先するタイプなのだ)、彼女が大好きなミレニアル・ピンクのレストランSketchでご馳走してもいい。

また、彼女は読書好きでもある。去年の夏に一気に増えた〈反人種差別〉の課題図書は、手つかずのまま放置されているが、結局彼女が本当に欲しているのはサリー・ルーニーの小説だ。ロックダウンで自然派ワインを試す余裕もできたので(お気に入りはラ・ジョイヨーザのプロセッコから変わっていないが)、レストランBrightでのテイスティングには度肝を抜かれるはずだ。それから、彼女が狂信的なほど夢中な、常に灯している中毒性のある香りのキャンドルがある。ホメオパシーのキャンドルも試したようだが、DiptyqueのキャンドルBaiesなら、きっと彼女の氷のように冷たい心を温めてくれるだろう。それから間違いないのは、モンステラ、オールド・セリーヌ、花束だ。数本のバラは、彼女がプレミアムユーザーであるマッチングアプリHingeのプロフィールにもぴったりだ。

Artboard 7.png

アートスクールを卒業したばかりの姪へ

今年の〈良い子リスト〉に載ったあなたの姪っ子。卒業後の1年を自分のシグネチャールック(例えば見た目重視、プロダクト中心のInstagramのグリッド投稿)に磨きをかけることに費やした彼女には、「Material Gworl」がBGMのTikTok動画で着られるアイテムを贈ってあげよう。ここで朗報だ。彼女のクリスマスの欲しいものリストは、偶然にも通販サイトLYSTが選ぶ2021年のホットなアイテムと一致している。そして何よりも、彼女が一番欲しがっているのはChopova Lowenaのキルトだ(しかもデュア・リパが着る前から!)。彼女がインスタに投稿したPradaの三角のロゴの写真は少ないものの、クレオは欲しいに決まっているし、シュシュでも妥協してくれるはずだ。さらに、この子にはTelfarのバッグはいくつあっても多すぎることはないが、同ブランドの1回限りの受注生産システム〈バッグ・セキュリティ・プログラム〉に困惑したひとも多いだろう。つまり、最後の最後に駆け込みで買うプレゼントには不向きだ。

その次の候補は? 彼女が次の受注生産で自分で買うためのMonzoのプリペイドカードだ。フィンテック(※Finance/金融とTechnology/技術を組み合わせた造語)はいつも女の子の味方。Monzoのアプリの節約機能は、彼女の3年間のインターンシップが(願わくば)就職につながったときに大いに役立つだろう。ここ数年、キングスクロスの高級スーパー、ウェイトローズの一部のエリアでしか買い物できなかった女の子には、せめてそれくらいはしてあげるべきだろう。まとまった給料がもらえるようになったら、彼女にはiPhone 13 Pro MaxにつけるString Tingが必要だ。ちょうどいいことに、彼女のWildflowerのiPhoneケースにもマッチする。このストラップを買ったばかりのTabiバレエシューズのあいだに写り込ませれば、インスタ映えも完璧だ。確かに、ちょっと子どもっぽい感じもするが、少女を卒業するのはそれぞれのタイミングでいい。それから、重要なのは郊外で暮らす彼女の家族をびっくりさせることだ。彼女はBleach Londonに夢中なので、このサロンのTotal Kitは、きっと彼女の母親を動揺させると同時に、彼女のクリスマスから大晦日までのインスタのネタ作りに一役買うはずだ。 

Artboard 3.png

クィアベイティングTikTokerの甥へ

ストレートの男性がハーネスとテニススカートを履いて、誰の注目も浴びないとしたら、それでも彼はゲイとして通用するだろうか? それが新たなロックダウンが実施されるとうわさされていた頃から、あなたのクィアベイティングをしている甥っ子が同性から注目されたいというエゴのもとで、頭を悩ませてきた問題だ。でも、彼はきっと大丈夫だ。ここ2年でTikTokで確実にフォロワーを増やし、ガールフレンドからのFaceTimeを何度も無視しながら挑戦した摩訶不思議なダンスチャレンジは、不可解なほど再生回数が伸びている。もしベッドルームでの動画撮影が、当分の間はこの親戚にとって承認欲求を満たす唯一の手段であり続けるとしたら、まず彼に必要なのはリングライトだ。誰であろうと、顔に影ができるのを好むひとはいない。背景に映るいかにもボーイッシュなベッドルームも今風に変えたほうがいいので、ロバート・メイプルソープの写真や写真集『Peter Hujar’s Day』を飾ったりするのがいいだろう。

彼の今年の欲しいものリストの上位にあるのは、間違いなくハリー・スタイルズのビューティーブランド〈Pleasing〉の新作ネイルポリッシュだろう。結局のところ、マニキュアを塗った骨張った手ほど、性的指向を曖昧にするものはない。しかし、もっと大きな賭けに出るためには、このルックにはまだひと味足りない。ショーン・メンデスへの愛を示すために、J.W. Andersonの手編みカーディガン(※訳注:ハリーが着用した同ブランドのカーディガンを真似して手編みするのがTikTokでブームになった)はさっさと捨て、Ludovic de Saint Serninのセクシーなアイテム一式をプレゼントしよう。レザーのレースアップブリーフスワロフスキーをあしらったレインボーのクロップトップ、自分がトップかボトムかバーサタイル(※トップとボトムどちらでもなれる人)かを示すリングだ。もう少し控えめなプレゼントをご希望なら、GmbHのダブルジップトラウザーがおすすめだ。恐れ知らずのあなたは、迷わずGucciに向かってほしい。過去2回のショーでは、ゲイを装ったASOS好きのヘテロセクシュアルが恥ずかしくて真っ赤になるようなレザーハーネスや、なんとアナルプラグ型のジュエリーまで登場した。ちょっと自分の甥っ子にあげるには生々しすぎるかもしれない。でも、声を上げなければ、誰にも聞いてもらえない。ミス・キングよ、誇りを持って堂々と生きよう!

Artboard 6.png

ポッドキャストを始めたてのイットガールへ

いつも流行の一歩先にいる女の子には何を贈ればいいだろう。つまり、「ずっと前から、誰よりも先に」ポッドキャストをやっていて、リリー=ローズ・デップが有線イヤフォンを使うきっかけをつくったと主張し、Instagramを使っていないと言うがなぜかデヴォン・リー・カールソンの一挙一動を把握しており、ダーシャ・ネクラソワに「夢中」な相手だ。彼女いわく漫画が「大好き」で、コーヒーは飲まず、ロックダウン中に脇毛をピンクに染めた。「こだわりが強すぎる」と非難されることもあるが、彼女自身はただ自分に正直に生きているだけだという。自称「アナログ」だが、普段の生活で完全にオフラインな時間はほとんどない(彼女のスクリーンタイムをチェックすれば一目瞭然だ)。

彼女のヴィンテージの書籍コレクション(#shelfieというハッシュタグで色ごとに並べられている)に加わるプレゼントを検討しているなら、マルクス主義寄りのテーマがいいだろう。彼女は(Heavenを除いて)ヴィンテージしか着ないと主張しているので、リセールサイトでAmerican Apparelやトム・フォード時代のGucci、ニコラ・ジェスキエール時代のBalenciaga、村上隆 x Louis Vuittonのアイテムを探してもいい(偽物でも構わない)。予算が足りないなら、安い雑貨店のラインストーンがあしらわれたサングラスでもいい。というか、バッテリー、Samsungの製品すべて、ウォークマン、ディズニーの曲ばかり入っている2006年のグリーンのiPod nanoなど、ちょっと時代遅れな感じのする機器なら何でもいい。そうすれば、きっとニュースレターに感謝の気持ちを綴ってくれるはずだ。

Artboard 8.jpg

甘やかされたブランド好きの弟へ

上記のひとたちと比べ、ブランド好きの弟のための買い物は、ミンスパイを食べるのと同じくらい簡単だが、火を通していない芽キャベツくらい手強くもある。なぜ簡単なのか? それは頭を使わずにすむから。前述の姪っ子と同じで、通販サイトLYSTで最初に目に入ったアイテム10個が、彼の欲しいものリストと一致するからだ。こんなに簡単なことはない。でも、それはあなたにスヴェトラーナと彼女の出処不明のクレジットカードがついていればの話だ。Off-White x RIMOWAのスーツケースから、フランク・オーシャンのブランド〈Homer〉のカタログの初版、VanMoofの自転車、KAWSのNFT(非代替性トークン)まで、できることなら彼が欲しがるものすべてを買い与えてあげたいかもしれないが、あなたが今これを読んでいるということは、そこまで財布に余裕がない可能性が高いだろう。

では高い買い物ではなく、賢い買い物をしよう。Dior x sacaiのサドルバッグには手が届かないなら、大急ぎでBrowns Eastに向かい、親切なスタッフに懇願して箱とショッピングバッグをもらおう。そうすれば、少なくとも弟はRedditの友だちに自慢する写真を撮ることはできる。Balenciaga x ゲーム『Fortnite』のフーディも予算オーバー? では、彼に目覚ましい成長を続けるメタバースのファッションの世界を紹介し、ゲーム内のショップで使えるギフト券を贈ろう。Supreme x Tiffany & Co.の飛び出しナイフを買い逃してしまった? それなら彼が他のアイテムは買い逃すことがないように、せめてSupercop Supreme Botのサブスクリプションに登録してあげよう。しかし、彼に本当に必要なのは、3ステップの必要最低限のスキンケア商品だ。たった一晩でSkinCeuticalsBiologique Rechercheに興味を持ってもらうのは難しそうなので、まずはファレル・ウィリアムスのスキンケアブランドHumanraceから始めよう。もしファレルのツルツルでいつまでも若々しい顔でも弟を納得させられないとしたら、もう何を言っても無駄だ。

Tagged:
christmas
Balenciaga
Gucci
Dior