HYKE AW17 優しいミリタリー

半年前に移転したばかりの新社屋でインスタレーションを行なったHYKE。よりミニマルに、よりソフィスティケイトされた、ブランドの真骨頂を遺憾無く発揮した、強くて優しいコレクションだ。

by Yuuji Ozeki
|
25 March 2017, 7:25am

HYKEはご存知の通り、かつてデザイナーの吉原秀明と大出由紀子の2人によってスタートし、東京のファッションシーンを沸かせたgreenが、休止から3年して新たに立ち上げたブランドだ。そのHYKE名義としては、初となるインスタレーション形式でのコレクションを発表した。会場となるのはフォトスタジオの跡地を利用した新オフィス。壁は一面マットなホワイト、天井に取り付けられた無数の蛍光灯からは昼光色が降り注ぐ。

ファーストルックはトレンチコートにタートネックニットとニットタイツを合わせた、ニュートラルなスタイル。モデルのヘアやメイクにも無駄な装飾性は感じられず、その姿には凛とした表情が漂う。手に持っていたレザーのヘルメットバッグは、前シーズンから続けているCHACOLIとのコラボアイテムで、大きめにデザインされたポケットが印象的だ。その後は、ディテールを削いだライダースジャケットやボレロ風のMA-1、MA-1をプルーオーバースウェット風に仕上げたものなど、ミリタリーの要素を再構築したウェアが続く。シーズンごとのテーマは設けてはいないが、このブランドの根幹を成す"ミリタリー"や"古着"の要素を一貫して表現していた。後半になるにつれ、ニット素材のアームウォーマーやボアをあしらったブルゾン、ヘムにレザーのコードパイピングを施したウール素材のケープなど、徐々に女性的なアイテムや素材使いが増え、時おり二の腕や胸元を覗かせる。ウエッジソールのパンプスは竹ヶ原敏之介が手掛けるシューズブランドBEAUTIFUL SHOESと、フェルト帽はKIJIMA TAKAYUKIとのコラボによるもの。レザージャケットは時に戦闘服として、ニットのワンピースは体を優しく包み込む癒しの存在として、彼女たちをプロテクト。green時代より吉原と大出は、洗練された機能美を取り入れたウェアを提案していたが、HYKEになってからはより女性に寄り添った物作りへとシフトしていることを、このプレゼンテーションを通し改めて実感させられた。

Credits


Photography Shun Komiyama
Text Yuuji Ozeki

Tagged:
amazon
FASHION WEEK
Backstage
T
tokyo fashion week
fashion news
hyke
aw17
amazon fashion week