ストレートアップス:yoshirotten個展「future nature」

3月9日に東雲・TOLOT heuristic SHINONOMEでYOSHIROTTENの個展『FUTURE NATURE』が行われた。そのオープニングレセプションに集まったユースたちをストレートアップス。

by Saki yamada; photos by Nobuko Baba
|
15 March 2018, 11:24am

杉浦美紀 22歳 愛知県出身

ー何をしている人?
可能性を信じて、なんでもやりたい人。

ーYOSHIROTTENの作品の好きなところを教えて。
どうしてこれが頭の中に浮かんでくるの?って思うところ。吸い込まれて、YOSHIROTTENさんの頭の中にいる感覚に陥る。

ー自分にとってアートはどんな存在ですか?
アートは今の自分にとって追求。

ー将来は何をしたいですか?
美容師とネイリストを一緒にできる、私にしか表現できない世界観のお店を作る。

@mikisugiura_

フジエリサコ 24歳 東京都出身

ー何をしている人?
grapevine by k3スタッフ

ーYOSHIROTTENの作品の好きなところを教えて?
初めて観るものでも自分の中のどこかに訴えかけられるところ。

ー自分にとってアートはどんな存在ですか?
言語が必要ないコミュニーケーション。

ー将来は何をしたいですか?
心豊かなセレブばーちゃんになる。

@risako_1993

ルシオ 23歳 NY出身

ー何をしている人?
ミュージシャン・サウンドデザイナー。

ーYOSHIROTTENの作品の好きなところを教えて?
色合いや対照的な角度、ナチュラルな曲線によって作られる不思議な形。展示会では信じられないくらいゆっくりと動く映像作品が印象に残っています。

ー自分にとってアートはどんな存在ですか?
いろいろな解釈があるけど、共通して何かを表現するためのもの。

ー将来は何をしたいですか?
自分で作った音楽をプレイしながら、世界を旅すること。

@j___i___l

左:平野正子 25歳 山口県出身 右:村田実莉 25歳 東京出身

ー何をしている人?
平野:職業はフリーランスのアートディレクター、グラフィックデザイナー、フォトグラファー。仕事以外でも日常的にアートワークを作ったり、プリントや刺繍をした衣類を販売したり、skydiving magazineというユニットで活動しています。
村田:パソコンでデザインをしたり手作業で立体物や布、服を作っていて、グラフィックデザインからテキスタイル、空間のディレクションなどしています。skydiving magazineのアートディレクターでもあります。

ーYOSHIROTTENの作品の好きなところを教えて?
平野:コンピューターで作ったRGBの色合いの世界のなかに自然や詩のようなものを感じられるところ。
村田:自然があって雄大で夢の中のような世界を作り上げているところ。

ー自分にとってアートはどんな存在ですか?
平野:物事を受容したり表現したりする基軸。
村田:人生の思い出アルバム。

ー将来は何をしたいですか?
平野:海外で育ったので、今の自分の状態でまた海外に出て生活したい。坂本龍一さんに会いたい。
村田:美術館で展示がしたい。

@cokepotato
@survival_dance

MAYU KAKIHATA 22歳 東京出身

ー何をしている人?
レコ屋。

ーYOSHIROTTENの作品の好きなところを教えて?
目に見えないものが見えてしまいそうなところ。

ー自分にとってアートはどんな存在ですか?
閃き。

ー将来は何をしたいですか?
レコ屋。

@kakihatamayu