「あの人のクリスマス」:chelmicoと

もうクリスマスもすぐそこ。そこで私たちは、i-Dファミリーの面々に、もっとも心温まるクリスマスの思い出について、今年はいい子でいれたかについて、そして2017年の抱負について聞いてみた。

|
21 december 2016, 6:53am

天真爛漫な笑顔を見せたかと思えば、ふと覗かせる大人の顔。少女から大人への転換期。それは人生におけるもっとも尊い時間。MC MAMIKOとMC RACHELからなるガールズラップユニット・chelmicoは、誰にも追いつけない速さで「今」を駆け抜ける。2人が出会ったとき、ラッパーとして活躍する未来なんて想像もしなかったはずだ。それが今では、ガールズラッパーのなかでも飛び抜けてキャッチーな存在として愛されている。そんな彼女たちが迎えた初のワンマンライブ当日。リハーサル直前。隠し切れない緊張と不安。しかしそれすらも楽しもうとする姿に、音楽に対する真摯さと強さを垣間見る。2人が用意したパフォーマンス、それはchelmicoを愛する者にとってとびきりのクリスマスプレゼントに違いない。

今年、いい年だった? それとも悪い年だった?
Mamiko:いい年だった。
Rachel:毎年いい年。

クリスマスプレゼント、なにが欲しい?
Mamiko:女性的な靴が欲しいかな。
Rachel:猫を飼ってるから、猫のごはんが欲しい!

クリスマスはどう過ごす予定?
Mamiko:家族と過ごす予定。
Rachel:リップスライムのライブに行く。

好きなクリスマス・ソングは?
Mamiko:山下達郎の「クリスマス・イブ」。
Rachel:Fall Out Boyの「Yule Shoot Your Eye Out」。歌詞がすごく切なくて好き。

これまでもらったなかで最高のクリスマスプレゼントと最悪のクリスマスプレゼントは?
Mamiko:最高のプレゼントはサンタさんからもらったウエスタンブーツ。最悪のプレゼントは「トイプードルの飼い方」っていう犬の飼育本。
Rachel:最高のプレゼントは「星のカービィ スーパーデラックス」っていうゲーム。最悪のプレゼントはないかな。選んだくれた気持ちが嬉しいから。

2016年のハイライトは?
Mamiko・Rachel:アルバムが出たこと。それに限る。

どうやって2017年を迎える予定?
Mamiko:祖母の家で過ごす。
Rachel:友達と騒ぎながらカウントダウン。

新年の抱負は?
Mamiko:いっぱいお酒飲みたい。
Rachel:楽しく過ごしたい。

Credits


Text Naoko Okada