ファッション界のウィリー・ウォンカ、フィリップ・プレイン

ショーでは『チャーリーとチョコレート工場』のウィリー・ウォンカのように壮大な夢の世界を作り出してきたフィリップ・プレイン。新たにロンドンにオープンさせた旗艦店では、触れるものをすべて金に変えてしまうギリシャ神話のミダスのように、あらゆるものをSwarovskiクリスタルでキラキラに変身させた。

by Tish Weinstock
|
27 December 2016, 3:39am

Philipp Plein autumn/winter 15

「ミッキー、あなたってなんて素敵なの!私はあなたにメロメロよ!」——これは80年代、トニー・バジルが世界で大ヒットさせた『Micky』の歌詞。圧倒的な魅力を放つ男を歌った歌だが、私はこの歌詞をそのままフィリップ・プレイン(Philipp Plein)に贈りたい。彼が放つ魅力に、そしてファッションと音楽とシアターとアートをすべて総合した彼の世界観に、私だけでなくファッション界全体が夢中になった。彼のショーにはこれまで、ロボット、ジェットコースター、四駆、鉄格子、ボクシングのリング、ゴシックな森、巨大なキノコ、パリス・ヒルトン、あふれんばかりのキャンディケインなどが作り出されてきた。彼は、チョコレート工場を作ったウィリー・ウォンカよろしく、ファッションの世界に魔法の世界を築き上げた。その世界に、マドンナやスヌープ・ドッグ、ニッキー・ミナージュ、ビヨンセ、イギー・アゼリア、タイガ(Tyga)、アッシャー(Usher)、コートニー・ラブ、ファーギー(Fergie)など、錚々たるパフォーマーが夢中になった。落ち着きを見せる様子もなく——実際、彼は加速を見せている——フィリップは2016年だけでも33店舗を新たにオープンさせ、2017年にはさらに30店舗を出店するつもりなのだという。ロンドンにスカルとクリスタルいっぱいの旗艦店をオープンさせたばかりのフィリップに、成功の裏にある秘密について訊いた。

あなたについて、そしてレーベル立ち上げの経緯について教えてください。
もともとは法律を勉強していたんだけど、「デザインの世界でキャリアを」と考えたら止まらず、弁護士になるという計画を捨てたんだ。デザインでのキャリアを開始した当初は、犬のためのラグジュアリー・ベッドのデザインをしていたんだよ。

ファッションに関連する最初の記憶は?
Chanelで買い物をする母の姿かな。

ファッションに魅了されるのはどんな点?
ファッションの世界に足を踏み入れたのは完全な偶然からだった。デザイナーとしてファッションの会社を立ち上げるというのが、僕の個性には最適な道だと感じたんだ。僕は自分がどうしたいかを分かったうえで目標を定め、そこに向かって物事を推し進めていけるだけの力がある。そして、欲しいものが手に入るまではやり続ける性格なんだ。

あなたをインスパイアしてやまないのは?
ストリート・スタイルにインスパイアされるね。トレンドはストリートで生まれるもの。個人的にはストリートのクールなキッズを見てインスパイアされるね。彼らこそが未来のファッションを着て体現してくれる人たちだからね。2017年春夏コレクションはニューヨークでデザインしたんだけど、インスピレーションとなったのは、それぞれにクールな独自の着こなし方を持っているファッショナブルなキッズたちだった。

Philipp Plein spring/summer 16

あなたのブランドは、何を体現しているのでしょうか?
Philipp Pleinは、これ見よがしのラグジュアリー感、力強さ、そして揺るぎない信念の姿勢を体現したブランド。

どんなひとのためにデザインを?
自信に満ち溢れていて、強く、自分が何を求めているかがハッキリしていて、リスクを恐れないひとたちのため。そしてラグジュアリーを心から理解していて、最高のものを求めるひとたちを心に描いてデザインをしているよ。

どのショーもめくるめく世界観で、まるでパーティのようですが、シアターの世界観への興味はどこから?
大規模なショーを作り上げるのが好きなんだ。僕は自分が世界のカルチャーやライフスタイル、アミューズメントに敏感な人間だと思っているし、それを解釈して自分の世界で表現する能力を持っていると自負している。だからその能力を使って、来場客が心から楽しんでくれるような、大胆でエンターテインメント要素に富んだめくるめく世界を作り上げたいといつでも考えてるんだよ。誰も見たことがないような何かを作り上げたい——「これでもか」というほどのエネルギーを発するような、爆発的なショーを作りたい、と楽しんで作り上げているんだ。

これまでにもっとも素晴らしいと感じたイベントは?
僕がこの間発表したショーだね。

パーティを催す際の心得は?
いい音楽とクールな来客、素晴らしい特殊効果と、大量のシャンパンでもてなすということ。

Philipp Plein spring/summer 17

i-Dを夜会に招待するとしたら、どんな趣向の夜会にしますか?
i-Dが予想もしなかったような世界観の一夜。

服のデザインをしていないときには何を?
完全なワーカホリックだから自由な時間なんてほとんどないけど、旅行は好きだし——それとアートやデザイン、それと筋トレには情熱を傾けてあたってるよ。

2017年にもっとも期待することは? ロンドンの何にもっともインスパイアされますか?
ニューヨークでの次のショーが楽しみだね。そしてもちろんうちのブランドの大規模な事業拡大も楽しみだよ。ロンドンは、ラグジュアリーと国際性の意味で世界有数の大都市。僕個人の感性でいうと、ロンドンはこれまで常にファッションと音楽、カルチャーで最先端を作り出してきた街というイメージがある。

ロンドンの旗艦店のユニークさとは?
建築会社Claudio Pironi and Partnersによるデザインがユニークだね。僕が考える新しいミニマリズムのコンセプトをベースに、大理石と照明がぶつかってできた全く新しい世界観が生まれているんだ。六角形の階段に天井からの自然光がまっすぐに射し込むというデザインが、もっともユニークな要素かな。

Credits


Text Tish Weinstock
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
fashion interviews
philipp plein