Advertisement

未公開全7作品を公開 ベルトラン・ラヴィエによる展覧会『Medley』

東京・表参道にあるエスパス ルイ・ヴィトン東京にて、2018年4月19日から9月24日までフランス人アーティスト、ベルトラン・ラヴィエによる展覧会『Medley』が開催される。

by Daiki Tajiri
|
17 April 2018, 6:16am

LA BOCCA SUR ZANKER 2005 Sofa on a freezer ©Adagp, Paris 2018

2018年4月19日(木)から9月24日(月・祝)までエスパス ルイ・ヴィトン東京にて、ジャンル・原理原則・素材のミックスを特徴としたスタイルを確立しているフランス人アーティスト、ベルトラン・ラヴィエ(Bertrand Lavier)の展覧会『Medley』が開催される。

学生時代に園芸を学び、70年代初頭よりアーティスト活動を開始したラヴィエのアプローチは、日々ジャンル化・細分化の絶えない文化の流れに沿うように、現在我々の周りに現存するあらゆる要素を用いた、ヌーヴォー・レアリスムの手法の混合が見える。それは「泉」をはじめとしたマルセル・デュシャンが生み出したレディ・メイド同様、伝統的な芸術様式のカテゴリー分けや、我々の持つアートに対する概念を覆し、鑑賞する者の視野を広げてくれる。

EMPRESS OF INDIA II 2005 Neon tubes ©Adagp, Paris 2018

ラヴィエはこれまでに、ヴェネチア・ビエンナーレやドクメンタへの参加をはじめ、2012年のポンピドゥー・センターで行われた回顧展「Bertrand Lavier depuis 1969」の開催など、世界各国で作品を発表している。今展覧会は、フォンダシオン ルイ・ヴィトン所蔵コレクションの中から未公開の作品を紹介する「Hors-Les-Murs(壁を越えて)」プロジェクトの一環として企画され、全7点の作品が展示される。

展示作品は一見すると、素材やテーマがばらばらにみえるかもしれない。しかし絵画と彫刻、描写と抽象、生活と芸術の関係を考察し、実験を続けるラヴィエの作品は、本人が構築し続ける思考やスタイルの「メドレー」として解釈することができるだろう。

WALT DISNEY PRODUCTIONS 1947-2013 N°2 2013 Acrylic paint on inkjet print @Adagp, Paris 2018
BIRKA 2007 Acrylic on fabric ©Adagp, Paris 2018
ATOMIUM, DETAIL N°10 2007 Acrylic on aluminium ©Adagp, Paris 2018

ベルトラン・ラヴィエ『Medley』
会期:2018年4月10日(木)〜2018年9月24日(月・祝)
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7F