東京からのラブレター:北岡稔章

フォトグラファーが「愛」をテーマに作品を撮り下ろした「東京からのラブレター」シリーズ。写真家・北岡稔章が映し出す「愛」とは?

by i-D Japan
|
19 February 2018, 7:50am

──今までで最も愛を感じた瞬間は?

愛は常に溢れている。発する愛と受ける愛。愛しさは平等である。

──愛と聞いてイメージすることは?

色んな形を想像します。どんな形でも愛せるし、拒むこともできる。
自由に愛は動き回って、コントロールできない。

──愛ゆえに苦悩することはありますか?

理不尽、裏切り、思いやりの欠如、とても悲しいですね。

──あなたが一番好きな映画はなんですか?

ガス・ヴァン・サント『エレファント』

──あなたの好きな〈愛について歌った曲〉を教えてください。

FLYING KIDS「幸せであるように」

北岡稔章(Toshiaki Kitaoka

Instagramはこちら

Tagged:
tokyo
Photography
photographers
love letter from tokyo
new generation photographers