東京のLGBTQ+のコミュニティーにいる、クリエイティブユースを祝福【パート1】

認識することの大切さ。より多くの人が気兼ねなく自己を表現することができ、問題なく社会に受け入れられることが当たり前の未来に向けて。写真家ホンマタカシ撮影による、東京のLGBTQ+のコミュニティーのポートレート

by Kazumi Asamura Hayashi; photos by Takashi Homma
|
23 June 2022, 2:00am

日本においてのLGBTQ+コミュニティー、セクシャルマイノリティーの当事者たちが現代社会に必要としていること、幸せなこと、困難なことなど、様々な質問を東京のコミュニティーにいるクリエイティブユースに投げかけた。彼ら自身の言葉を通じ、自分の物語をシェアしてもらうことで、LGBTQ+の現在地を探ってみた。またポートレート撮影は、写真家ホンマタカシによるもの。当事者たちの個性に焦点を当てたストレートアップスを、パワフルな写真の力を借りコミュミニティーの外側にいる読者ともシェアすることで、誰もが安心できる未来に繋げたい。

東京のLGBTQ+のコミュニティーにいる、クリエイティブユースを祝福【パート2】はこちらから

_DSF4469.jpg

SAKI KAMIYA

──あなたは何をしている人?

artist・choreographer

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

パンセクシャル/ノンバイナリーもしくはジェンダークィア

──日本のLGBTQ+シーンについてあなたの考えをお聞かせください。

自分もそうだったのですが、 多様化する必要性を「ただ受け止めるだけでいい」のに難しく考えすぎてしまっているのかなと思います。 さまざまな言葉が生まれてカテゴライズが増えることに「何故なんでも名前をつけるんだろう?」と少し前の私は違和感を感じていました。 同時に、自分はジェンダーアイデンティティにおいて、何故こんな中途半端なんだろうと生きづらさも感じていました。 そこでLGBTQ+の意味を改めて咀嚼していった時、これらの言葉は誰かにカテゴライズされるためにあるのではなく、 自分自身がなんなのかのヒントとして、一つの答えとして存在してくれてる言葉なのだと私なりに再解釈しました。 中途半端だと思っていた自分にも名前がつき、あなたの感覚もおかしくない。と少し安心できる感覚でした。 様々な考え方があると思いますが、 私はLGBTQ+という言葉を「ただ受け止める」だけで、その人自身のアイデンティティを尊重して見ていけたらいいのかなと思います。

_DSF4523.jpg

Ken 22歳

──あなたは何をしている人?

モデル

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

好きになった人が好き!はっきりとカテゴライズするほどわかっていないです

──ドラマや映画でクィアがどのように描かれていると感じる?

大々的に描かれているものが多いと思います。ですがメインストーリーとは別にさりげないサイドストーリーでナチュラルに描かれているものや、なんとなくここの2人って同性だけど恋愛みたいな距離感があるな、って感じさせてくれるような間接的な演出が最近はあるような気もします。そういうのがスキです!

──あなたにとっての自由とは?

自分自身が感じたままに感じ、受け入れ、認めること

_DSF4559.jpg

ロウイツブン 26歳

──あなたは何をしている人?

会社経営(メインはRCvというセレクトショップの経営)とアマチュアのキックボクサー

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

Ominsexual

──あなたにとってクィアとは?

私にとってクィアは自分に対する認識が広いことです。実は誰もが自分の気づかない面を持っているかもしれないと思います。

──日本のLGBTQ+シーンについてあなたの考えをお聞かせください。

LGBTQ+に対する理解度が低いと感じ、話しにくい。同性同士の関係性を認めるけど、法律的にまだ不十分ですね。まだ戦う期間が長いと思います。

──あなたに影響を与えた人は誰?どのように?

水原希子。有名人だけど、LGBTQ+に関心度が高い、いつもサポートしてます。すごく愛を感じます。

──セクシャルマイノリティーに対して、現在の社会が必要としていることは何?

性の多様性が認められる社会を作るために学校で授業をやる必要があります。

_DSF4535.jpg

ARAN 21歳

──あなたは何をしている人?

Model, dragperformer, Instagramer, YouTuber, TikToker

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

Non Binary Gender

──あなたにとってクィアとは?

個性

──あなたにとってのセーフスペースはどこですか?

新宿2丁目

──日本のLGBTQ+シーンについてあなたの考えをお聞かせください。

どうしても型にはめられる

──クィアであることで一番困難に感じることは?

家族

──あなたが人生で成し遂げたいことは?

MET GALAに25歳までに出ること。

──あなたにとっての幸せとは何?

LOVE MYSELF ができること。私が心から生きやすいと思えている今の環境がある事。

_DSF4562.jpg

HIBARI 26歳

──あなたは何をしている人?

モデル、表現

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

レズビアンorバイセクシャル

──あなたにとってクィアとは?

クィアについてたくさん考えたのですが、まだおいらには簡潔に言葉にするのは難しいのですが、今のおいらにとってクィアのイメージは人を好きになることへの選択肢が広く、LGBTQ +のなかのどれかやストレートなどといった言葉のどれかにカテゴライズする必要をかんじていないかたが、 もし言葉にするとしたらクィアという言葉を使うような気がします。

──日本のLGBTQ+シーンについてあなたの考えをお聞かせください。

いろんなSNSやメディアのおかげで LGBTQ+について理解しようとするかたが 増えているような気がします。 LGBTQ+のかたも 今までいろんなセクシャリティに触れてこなかったかたもみんなが苦しくなくハッピーに理解が増えていくといいなと思っています。

──あなたに影響を与えた人は誰?どのように?

加藤ミリヤさん。生きるということや学校のルールなど、いろんなことに疑問をかんじてもんもんとしていた小学生のときに、加藤ミリヤさんの曲をきいて肯定してくれたうえに、ひっぱってくれているきもちになって、自分の心に自信を持とうと思えました。

──クィアが生きやすい社会になるためには何が必要?

クィアに限らず身近にいる人同士を思いやること。 みんなが近くにいるひとを大切にしたら社会のみんなが幸せになると思う。

──16歳の自分へ一言

やっほー!今のおいらは、いろんな愛の形があると知ったから安心して。女の子を好きになることはおかしいことではないよ!

_DSF4579.jpg

KENVOSE 21歳

──あなたは何をしている人?

プロとして活動するダンサーを目指してる人

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

そういったグループ分けをしてしまうと窮屈な思考や生活になってしまうような気がしていて、セクシャリティは常に『私は私』『あなたはあなた』と1人の人間と考えています。なので特にありません。

──あなたに影響を与えた人は誰?どのように?

踊る時に意識してしまったのは荒木飛呂彦先生です。ジョジョの奇妙な冒険の作者です。荒木先生は時代が変わるにつれて自信の美的感覚の変化と共に画風を変えて、古代の彫刻のようであったり現代的なモデルのようでもあったりします。 性格的な影響だと、ジョジョの主人公をはじめとして、スラムダンクの桜木くん、エレファントカシマシ、サンボマスター、MOROHA、など…芸術から受ける方があり、自分の感じたままに生きています。

──セクシャルマイノリティーに対して、現在の社会が必要としていることは何?

おそらくマイノリティーに生きづらさは一生ついてくるし、全員がマイノリティーを理解するとは思いません。1番は、私たちが理解することの無理強いをしないこと、周りの人が理解しようとすることが必要だと思います。傷つくこともあると思いますが、自分を消すことより辛くないです。

_DSF4593.jpg

Kosmic Sans

──あなたは何をしている人?

Visual entertainer

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

Gay cisgender male

──あなたのセクシャリティは、あなたのスタイルに影響を与えていますか?

私は、男の子や女の子がこうであるべきだと周りに言われるような、異性愛が一般的な環境で育ちました。でも、もうそのような社会的構成を打ち破って、「このようであるべき」というものをあまり気にしなくなりました。

──クィアであることで感じられる最高な瞬間は?

クィアの私たちには、お互いをサポートし合う、強い絆で結ばれているコミュニティがあること。

──クィアであることで一番困難に感じることは?

異性愛に基づく社会において、ジャッジや差別をどのようにうまく切り抜けるか学ばなくてはいけないこと。

──セクシャルマイノリティーに対して、現在の社会が必要としていることは何?

プライドマンスだけでなく、可視化されること

──クィアが生きやすい社会になるためには何が必要?

クィアの文化や困難についての教育

──ドラマや映画でクィアがどのように描かれていると感じる?

数十年前までは、ゲイやトランスジェンダー、LQBTQIA+の人々がコメディー目的や悪役として描かれていたけれど、今は良くなっていると思います。最近では、このコミュニティが、誰にも疑われずに「普通」だと見てもらえるようになりました。たとえば、「シッツ・クリーク」や「モダンファミリー」。子どもの頃にこんな番組が見れたらよかったです。これから、もっと日本のメディアでも多様性が見れるようになったらいいです。

_DSF4605.jpg

たいちゃん 22歳

──あなたは何をしている人?

役者志望のフリーター

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

ゲイだと思います。

──あなたにとってクィアとは?

自分のために好きなようにカスタムして自由に表現する手段のひとつ。

──日本のLGBTQ+シーンについてあなたの考えをお聞かせください。

その事についてメディアで発信しやすくなったように思えるけど、日本の世間一般ではまだ「主張をしない人間こそが賢くて正しい」みたいなキツい雰囲気が前提としてあるように感じます。当事者の私でもその概念に囚われてる哀れな1人だからこそ、活動家の行動には常に敏感でいたいです。

──クィアであることで感じられる最高な瞬間は?

自分の考えた表現で人の心を動かせた時。

──クィアであることで一番困難に感じることは?

役者志望なのでオーディションで自身のセクシャルが壁になってしまうことがたまにあります。

──セクシャルマイノリティーに対して、現在の社会が必要としていることは何?

上質で正確な知識によって伝えること。

──あなたにとっての平等とは?

まだ僕はしっくりくる考えが定まっていないので今を全うに生きていけばわかりますかね。 ラブアンドピース。

_DSF4403.jpg

Yuma Kardasian 26歳

──あなたは何をしている人?

販売員とYouTuber

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

ゲイです。

──あなたにとってのセーフスペースはどこですか?

心を許したchosen familyと一緒にいる場所。

──日本のLGBTQ+シーンについてあなたの考えをお聞かせください。

オーストラリアから帰ってくるまでは、日本には何もないと思っていましたが、特に東京にはおどろきました!思ってた以上にlgbtq+シーンが大きく、すごく期待ができるなと思いました。

──あなたに影響を与えた人は誰?どのように?

母親です。母親の自由に生きる姿を見て、自分も自由に生きたいと思いました。

──クィアであることで一番困難に感じることは?

いい意味でも悪い意味でもアテンションをもらうことかなと思います。アテンション貰えないより貰える方が私は嬉しいと思うので、ポイント加算していくポジティブな考えでアテンションをもらっていますが…

──セクシャルマイノリティーに対して、現在の社会が必要としていることは何?

教育では無いでしょうか?あとは、時間が動けばその教育を持っている人が親になるので自然に全体の理解力も上がるかなとは思います。

──ドラマや映画でクィアがどのように描かれていると感じる?

最近はすごくポジティブに描かれていて、クィアでいる事の喜びなどが見れるのがすごくいいと思います。また、同時に辛い経験などを見れ、何をされれば嫌などの例がでてるのでもっと色々な人に見て欲しいなとは思います。

──打ち壊したいクィアへのステレオタイプはある?

例えば、ゲイだからと言ってみんながクロップドの服を着るんじゃ無いよとか、ゲイっぽいって実は無いですって事です。

_DSF4412.jpg

Honoka Yamasaki 24歳

──あなたは何をしている人?

ダンサー、ライター。昼間はライターとして、“性”という一つのテーマを様々な角度から発信(例えば、クィア、セックス、フェティッシュ、AV、恋愛など)し、夜は新宿二丁目のゲイバーでドラァグクイーンのVera Strondhと踊っています。

──あなたのセクシャリティ/ジェンダーアイデンティティーについて教えてください。

レズビアン

──あなたのセクシャリティは、あなたのスタイルに影響を与えていますか?

私もセクシュアリティは自分自身を構成する一つの要素なので、スタイルに影響を与えています。自分のセクシュアリティがあるからこそ仕事ができているし、セクシュアルマイノリティという属性の中にいることで、自分の視点をクィア以外の様々なことにも当てはめて考えることができるようになったと感じています。

──日本のLGBTQ+シーンについてあなたの考えをお聞かせください。

徐々に世の中で浸透してきていると感じます。クィアイベントは新宿二丁目から渋谷、原宿にまで拡大しているし、出会いもクローズドな掲示板からマッチングアプリやリアルな場まで幅が広まった。

──セクシャルマイノリティーに対して、現在の社会が必要としていることは何?

想像力。ヘテロセクシュアルの方に対して「なんで異性が好きなの?」と聞いてもきっと「なんでそんな質問するの?」と思う人は多いと思います。ヘテロが異性が恋愛対象であることが当たり前のように、同性が好きな人、そもそも恋愛感情がない人、男女の枠に当てはまらない人など、その人にとっては当たり前のことです。人がびっくりする時って、その人の前提に当てはまってない時だと思うので、自分にある前提は常に疑うべきですし、知らないことを知った時に否定することより、「こういう人もいるのか〜」という想像力を働かせることが大事だと思います。

──オススメのクィア映画/ドラマは何?その理由は?

パク・チャヌクの『お嬢さん』。女性同士の恋愛は描かれているのですが、クィア映画と呼べるのかわからないくらい、意識させない描写。今の言葉を借りて言うと、ジェンダーロール、ジェンダー規範、階級など、様々な逸脱が描かれています。

──打ち壊したいクィアへのステレオタイプはある?

クィアという言葉を聞くと、ジェンダーニュートラルだったりバイナリーな視点がないことをイメージする人もいるかもしれません。ですが、中には女性らしさや男性らしさを楽しむ人もいて、一概にも中間を保つことがクィアであるとは言えないのです。と同時に、男性を自認している人がスカートを履いたり、男性でも女性でもない人がメイクしたり、性自認、性的指向、性表現、戸籍上の性など、全ての要素が一つのジェンダーで表現されることは必ずしもなく様々なので、結局は個人として見ることが大事なのかなと思います。

東京のLGBTQ+のコミュニティーにいる、クリエイティブユースを祝福【パート2】はこちらから

CREDITS


Models
SAKI KAMIYA
Ken
ロウイツブン
ARAN
HIBARI
KENVOSE 
Kosmic Sans
たいちゃん
Yuma Kardasian
Honoka Yamasaki

Photographer Takashi Homma
Creative Director Kazumi Asamura Hayashi
Casting Director Taka Arakawa
Stylist Yuri Nosho
Editor Karen Nippashi
Photography Assistant Yumi Inoue

Tagged:
tokyo
queer
LGBTQ
Pride Month