Advertisement

ロック写真の40年史『No Dogs on Beach』

写真家のブラッド・エルターマンは、これまで40年に及んで撮りためてきたアーカイブをまとめて、型はずれでやんちゃなフォトブックを発売した。

by Emily Manning
|
08 April 2016, 7:20am

Hootersの前でピースをしているSokoの隣には、ブロンディ・ショーの舞台裏にいる20歳かそこらになったばかりのデボラ・ハリー。ジェイ-ZがiPhoneでビヨンセのスナップをとるはるか昔、ザ・ランナウェイズ時代のジョーン・ジェットがスナックのポテトを食べているシーン。まるで幻覚を見ているかタイムワープしているかと思わせるのは、写真家のブラッド・エルターマン(Brad Elterman)の作品だからだ。彼は40年以上にわたり、チェリー・グレイザーからアリス・クーパー(と彼のコンバースのコレクション)に至るまで、音楽界の最重要スターたちの生活をありのままに撮り続けてきた。

エルターマンは、16歳の頃から70年代のLAシーンを撮り始めていた。ジョーン・ジェットがバンドメンバーとプールサイドでのんびりとしている様子や、バックステージでお茶目に舌を出している若かりし頃のブルック・シールズとKISSのジーン・シモンズを捉えた彼の初期作品は、シーンの背後にある人生を垣間見せるプレ・インスタグラムのようだ。しかし、パンクムーヴメントが、80年代のヘアメタルによって影を潜めてたように、エルターマンは25年以上にわたって、活動を休止していた。

2010年、友人や家族は彼にもう一度写真を撮るように勧めた。以来、エルターマンはタイラー・ザ・クリエイターからサンフラワー・ビーンまで、音楽界の輝かしい新人たちを記録するのに奔走している。新しい写真集『No Dogs on Beach』は、彼がこれまで撮りためてきた、あらゆる時代の瞬間をミックスし編集したものだ。ザ・ガーデンの双子ワイアットとフレッチャー・シェアーズが腕を組んでヤシの木陰に立っている写真があると思うと、後のページでは、サンセット大通りで若きラモーンズがほぼ同じ佇まいで映っている。

No Dogs on Beach』はBywater Bros. Edition and Smoke Roomから発売中。詳細はこちら

Credits


Text Emily Manning
Photography Brad Elterman
Images courtesy Bywater Bros.