ユキヒーロープロレス 17AW 秘密基地からの発進

「誰かのヒーローになれる服」を提案するユキヒーロープロレス。4月にオープンを控えた直営店で2017年秋冬コレクションをインスタレーション形式で発表した。

|
mar 27 2017, 3:40am

ユキヒーロープロレスが2017年秋冬コレクションをインスタレーション形式で発表した。「誰かのヒーローになれる服」をコンセプトにヒーローやプロレスをモチーフにしたアイテム展開で手島幸弘が2012年から立ち上げたブランドだ。

インスタレーション会場となったのは初となる直営店を構える水道橋・レブリチャル。「新日本プロレス、力道山OB会事務所、そして後楽園ホールが集まるプロレスの聖地、水道橋に店を構えようと思いました。下の階には力道山のOB会があるので、その上を越えていこうという思いも含まれています」と手島は語る。

開演までの間、サイボーグに見立てたモデルたちが会場中心に佇む。ショーの開始と同時にまるで"起動"したようにモデルたちが動き出し、コレクションを身にまとう演出だった。今季のコレクションはアニメ「サイボーグ009」「マジンガーZ」とコラボレーションしており、それぞれのキャラクターを起用した理由として、「秘密基地を持っているヒーローを起用しました。今回の直営店を構えるにあたってリンクさせたかった」と説明した。2018春夏コレクションではランウェイ形式でのコレクション発表を予定しており、具体的なキャラクター名は伏せたが、有名キャラクターとのコラボレーションが目玉アイテムとなるようだ。

Credits


Photography Yuhei Taichi
Text Tatsuki Nakata