消滅しゆく氷河を記録したインスタレーション

Project Pressureが美しいインスタレーションを通して気候変動に対してアクションを起こすことを呼びかけている。

|
jul 19 2016, 10:06am

Grand Plateau Glacier, USA, Klaus Thymann, 2011

私たちが直面している気候変動は今日明日で解決する問題ではない。しかし、氷河は減少する一方だ。北極海の氷河が10年毎に13.3%の割合で減少している今、世界はアクションを起こさねばならない。「Project Pressure」はまさにそれを表現している。

ロンドンを拠点としたフォトグラファーで、i-Dでも長期に渡って活躍したクラウス・タイマン(Klaus Thymann)により始められた「Project Pressure」。このプロジェクトは、気候変動に対する認知度を上げるだけために立ち上がっただけでなく、一般から写真を募る世界初の氷河ドキュメンタリーをつくった。母なる自然の息をのむ美しさが写真から滲みでている。

先週末から「Projet Pressure」の14枚の写真が展示される屋外インスタレーションが、ドイツのScheilmunde Pilot Islandで開催されている。このプロジェクトではコリー・アーノルド、スコット・コナロー、ピーター・ファンチ、クラウス・タイマン、マリエル・ニューデッカー、サイモン・ノーフォルクの作品が含まれ、20メートルの壁に展示される。また、切迫している気候変動の状況についてタイマンが行うトークも行われた。

Eqalorutsit Glacier, Greenland, Mariele Neudecker, 2015

Esmarkbreen, Norway, Corey Arnold, 2013

Hansbreen, Norway, Corey Arnold, 2013

Lewis Glacier, Kenya, Simon Norfolk

Mount Illimani, Bolivia, Klaus Thymann, 2013

Credits


Text Lula Ososki
Translation Nina Utashiro