エミリー・ラタコウスキーがKooplesのキャンペーンを一新

恋人からのプレゼントなんて必要ない。彼女は自立した女性なのだから。

by Charlotte Gush; translated by Aya Ikeda
|
20 September 2017, 3:26am

エミリー・ラタコウスキーが指し示したように、地獄に怒りはない。フランスのファッションブランドKooplesは、以前から広告キャンペーンに男女のカップルを起用してきた。しかし、『The Break Up』と題された新しいキャンペーンフィルムでは、エミリーがギターに火を付け、部屋をめちゃくちゃにしている姿が描かれている。どうやら彼女に男は必要ないようだ。しかし、元彼と同棲していたと思われるアパートを躊躇なく散らかしている彼女が唯一手元に残したのは、綺麗な赤いハンドバッグ。この映像は、アパートの壁にスプレーで描かれた「I'm keeping the bag! X(バッグは貰っておくわ)」のメッセージで締めくくられる。

だけど、これは映像のなかだけの話。現実では、エミリーは恋人にハンドバッグをプレゼントしてもらう必要なんてない。だって、自分でデザインしてしまえるんだから。Kooplesから発売されるこのバッグのラインは、「Emily by The Kooples bag」と名付けらている。ハンドバッグには大・中・小とあり、オニキスブラック、カーマインレッド、トープグレー、インペリアルイエロー、ミッドナイトブルー、ジェイドグリーンのカラーバリエーションがある。エミリーは元彼にはもったいなかったみたいだ。もしそうじゃなくても、ハンドバッグを取っておく権利はあるけれどね。

Tagged:
Fashion
Emily Ratajkowski
the kooples
Emily by The Kooples bag
Kooples