Hideya Ishima×Kenya Yoshinari合同展「Ether」:セクシュアリティについてのそれぞれの視点

XジェンダーであるHideya IshimaとヘテロセクシュアルであるKenya Yoshinariが、友人から初対面の人まで総勢50名に“セクシュアリティ”に関するインタビューを経て作品を制作。ふたりから、いくつかの質問の回答が届いた。

by Tatsuya Yamaguchi
|
19 September 2019, 10:54am

表参道ROCKETが、1997年生まれの写真家Hideya IshimaとアーティストのKenya Yoshinariによる、写真とイラストの作品展「Ether」が開催する。展示と共鳴する〈gato〉のメンバーAgeによるオリジナルの音楽で空間がつくり上げられる。会期は9月20日(金)から25日(水)まで。

テーマは、セクシュアリティ。「ひとりの視点では、本展の意図とではない偏った作品になってしまう。展示を訪れるさまざまな方々にも伝えられるように、異なった視点と表現方法でこのテーマにアプローチしています」と、ディレクションを手がけたIshimaがコラボレーションの必然性を話してくれた。

さまざまなセクシュアリティを能動的に知る必要があると考えた、Xジェンダー、アセクシャル(無性愛)を自認しているIshimaと、ヘテロセクシュアルであるYoshinari。それぞれの制作をスタートするにあたってはじめに、LGBTQ+やヘテロセクシュアル、セクシュアルマイノリティに対して否定的な考えを持つ人々など、約50名に対してインタビューを行ったという。

それぞれの言葉に耳を傾けたふたりは、「カテゴライズに収まらず、言葉には表しきれない、溢れ落ちてしまう感情が多々ある」ことを感じて、それらをすくい上げるように制作されたのが、本展で展示される作品だ。

いくつかの質問に対して、ふたりから返答が返ってきた。

1568890392373-hideyaishima2

——Isimaさんが、Yoshinariさんの作品に惹かれて声をかけたとのこと。なぜセクシュアリティをテーマに作品をつくろうと思ったのですか?

Ishima:現在は、Xジェンダーとアセクシュアルを自認していますが、これまでIshimaの性別はあらゆる方向に変化を繰り返し、女性になりたい、人として形あることが気持ち悪い、恋愛感情を抱いたり、それらを他人に伝えるわけでもなく、ただ内に秘めていました。

社会に出てすぐに自身のセクシュアリティがきっかけで大きな支障が起こったこと、それを公言できない環境と日本の常識に強く疑問を抱きました。同時に、カミングアウトできず回避できなかった自分を責め、自分らしい伝達方法を探し続けたときに、写真と出会いました。

自身のアイデンティティやマイノリティーを伝えなければ、同じことを繰り返してしまう。もうあの頃と同じ思いはしたくないという思いが、作品にしたことの1番の動機です。作品制作を通して自身を理解することと、私やLGBTQ+について理解しようとしてくれるYOSHINARIの存在もあり、葛藤した感情をアーティストとして伝えられないかと思いより一層このテーマで作品を作ろうと思いました。

——作品制作前、制作中に行ったインタビューでは「過去の話、ジェンダーに向き合ったきっかけ、人に伝えたい思い」を尋ねたとのこと。そこで、どのような気づきがあったのですか?

Ishima:LGBTQ+に関わらず、誰しもが単純で分かりやすいわけではなく、ある意味では誰しもが性的少数派であるということ。そして、性的指向は変化するので、全員が当事者だということです。今回展示する作品を通して、鑑賞者自身のセクシュアリティと向き合えるような、それぞれ異なったコンセプトの写真、絵、音楽を制作しました。

——Ishimaさんが撮影しているものは?

Ishima:撮影した写真から気付けることが沢山あって、写真を見て自分の存在意義が見つかるような、もっと身をさらけ出した写真が今は撮りたいです。写真家としてはまだまだ模索段階です。

1568890438449-Kenya

——デザイナーとしての活動もされているYoshinariさんは、アート作品ではどのようなことを表現しているのですか?

Yoshinari:「劫」であり「刹那的」であると考えます。「こんな現実がある」のではなく「こういう一瞬がある」ことの美しさ。「記憶に残るほどの一瞬を引き延ばしている」のが、私が作品に捧げている思いです。

——より良い未来のためにできることは?

Ishima:ただ真っ直ぐに表現すること。

Hideya Ishima / Kenya Yoshinari collaborate exhibition「Ether」
会期:2019年9月20日(金)〜9月25日(水) *会期中無休・入場無料
時間:11:00~21:00 *23(月)~20:00、25日(水)~18:00
オープニングパーティ:9月20日(金)19:00~21:00
場所:表参道ROCKET 東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ同潤館3F

Tagged:
News
Exhibition