News

注目の若手女性キュレーター、アマンダ・シュミットが考える、現代社会が抱える問題点とは

GINZA SIX内にあるギャラリーTHE CLUBにて、ニューヨークを拠点にする若手女性キュレーター、アマンダ・シュミットをゲストキュレーターに迎えた展覧会「Defacement」が開催。7月15日にはトークイベント&アートフィルム上映会も。

Daiki Tajiri

Gerhard  Richter, 8.Juni 16 (2),2016,  oil on photograph, 16.8×12.5cm © Gerhard Richter, Courtesy WAKO WORKS OF ART

7月14日(土)より、東京・六本木にあるギャラリーTHE CLUBにて、ニューヨークを拠点にする社会派若手女性キュレーター、アマンダ・シュミットをゲストキュレーターに迎え、コンテンポラリーアートを代表するゲルハルト・リヒターやアンディ・ウォーホルなどの大物から、新進気鋭の若手アーティストの作品が集結する展覧会「Defacement」が開催される。

過去にアート雑誌「Artform」での勤務時にセクシャルハラスメントの被害を受け、告発運動「#MeToo」に参加、「TIME Magazine」での2017年「Person of the Year」に選ばれたアマンダ・シュミット。彼女が今展覧会で魅せるのは50年代後半より活動した前衛グループ「シチュアシオニスト・インターナショナル」の思想を元にした、生産と消費を軸とする現代社会においての「Defacement」、つまり「破壊」の再考だ。

会期中にはアマンダ・シュミット本人とTHE CLUBのマネージングディレクター山下有佳子によるトークイベント&アートフィルム上映会も開催。現代アート業界を担う2人の若手女性が、アートビジネスの表と裏、日本とアメリカの違いなどを語る。

Film still, Stan Brakhage, Reflections on Black, 1955

「Defacement」
会期:2018年7月14日(土)~8月31日(金)
時間:11 : 00 〜 19 : 00
会場:THE CLUB (GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店内)
休廊日:2018年8月27日(月)

キュレーター アマンダ・シュミット来日トークイベント & アートフィルム上映会
開催日時:2018年7月15日(日)17:00〜19:00
開催場所:THE CLUB (GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店内)ご予約はこちらから。