倫敦ナイトライフの新生アンソニー・マッギンレーが語る「WUT?CLUB」

WUT?CLUBを知っている?

|
dec 8 2017, 9:47am

This article was originally published by i-D UK.

ABSOLUTEという名で音楽活動をしているアンソニー・マッギンレーが始めた新しいロンドンのLGBTQIナイトパーティWUT?CLUBを知ってる?ドラァグやクラブ好きが毎週集まるロンドンのパーティ<Super Electric Party Machine>の創始者でありナイトライフのアイコン、ラリー・ティーともコラボしているこのイベント。アンソニーはラリーがベルリンに拠点を移してからも、カイン・ジェニングスや彼を慕うダウンスフロアの友人らとWUT?CLUBを立ち上げるべく動き続けたのだ。東ロンドンの<XOYO>や<Dalston Superstore>といったクールなクラブで開催され、素晴らしいナイトシーンやDJプレイが生まれている。

私たちがLGBTQIの権利と自由を賞賛し闘っていたころ、WUT?CLUBは同性愛嫌悪やトランスジェンダー嫌悪と闘い、コミュニティスペースを提供してくれた。また、今年のロンドン・プライドではWUT?の山車が通りを席巻。昼は低荷台トラックの上で、夜はアマンダ・ルポールも参加したアフターパーティで、彼らは尾羽を振っていた。

笑いと外見とさらなる笑いと文字通り、プライド。WUT?CLUBの団結力がここにある。7月に開催されたアムステルダムのダンスフェスティバル<ミルクシェイク>でも、ジェンダーとテクノハウスを声高に叫んでいた。ハイジやラリー・ティー、アマンダ・ルポールやニモ、そのほか大勢が参加するステージで、アンソニーがWUT?CLUBのライブショーを始めて披露したのだ。

ABSOLUTE(a.k.a.アンソニー・マッギンリー)

——今年のプライドでのWUT?CLUBはすごかった……。ミルクシェイクはどうだった?すごく素晴らしい時間だったわ。
ミルクシェイク・フェスティバルの素敵なクルーにWUT?CLUBファミリーを紹介するチャンスにもなったしね。ミルクシェイクは世界最大規模の偏見のないダンスフェスティバルで私たちと同じような考えを持つ、アムステルダムのお姉さんってところね。あの街では愛や自由、多様性や寛容さが賞賛されているの。

——ロンドンLGBTQIシーンのどこが好き?
ロンドンでは、なんの先入観もなしに、なりたいものになれるの。特に同性愛者向けのイベントやネットワーク、安全な場所に行けない人たちにとって、それはすごい開放感だしとても大事なことよ。幸運なことに、私たちにはそういった場所がたくさんあるけど。

愛する人と手を握ったり、シンプルなことに対してさえ自由を得られない人たちがまだいる。いじめや虐待もあるし、悲しいことに自分らしくしているだけで恐怖に怯えながら暮らさなければならない人もいるの。LGBTQIの人たちがそういう自由を得られるようになるまで、私たちは闘い続けなければいけない。

——WUT?CLUBをこんなにも素敵にしているのは何だと思う?
私たちがブッキングしているような世界的に有名なゲストたちと同じように、人はみんなスターなの。最高にイケてるスタイルとフレンドリーなお客さん、そしてコスチュームの芸術性は畏怖の念を抱いてしまうほど感動的ね。ほかでは見られないエキサイティングな何かを提供しようと、日々努力しているわ。

ザ・トゥイニーズ

——あなたはスタートした時からWUT?CLUBのレギュラーだったね。いちばん思い出に残っているのはどんなこと?
群衆のなかに若いメンバーと古いメンバーを見たとき。みんなそれぞれストーリーがあるんだけど、LGBTQIのコミュニティを愛しサポートしているという部分でつながっている。認知度の問題ね。もちろんあれはパーティなんだけど、人によってはそういうコミュニティと出会う初めての場でもある。愛を経験して自分のアイデンティティに悩んでいる若い子にとって、このクラブに対する受容と賞賛は計り知れない。そして自分と似た人はほかにもいて、孤独じゃないと気づき人生が変わる可能性すら秘めているの。

ワックス・ウィングス

——なぜWUTに行くの?
長年WUT?CLUBを知っていて嬉しく思う。みんながいつもやりたいことをやっているこの場所が大好きだから。みんな新しいものに寛容だから、新しい曲をかけることができるのも最高ね。

カイン・ジェニングス

——プライドが大事なのはなぜ?
自信を持たせること、団結、受容することを許し、そこに焦点を当てるものだから。自分たちのうちで幸せな人の割合???やLGBTQIひとりひとりが主張し闘うことは簡単に忘れてしまうもの。それを推し進めることの大切さをプライドが思い出させてくれる。

——WUTに隠されたあなたのインスピレーションとは?
人ね。後ろにいるか、DJブースやステージの前に立っているかは関係ない。WUT?CLUBに関わっているすべての人は、ビジュアルもしくは音楽のアーティストたち。WUT?CLUBは楽しみながらその才能やアイデンティティを最大限発揮できる場を提供しているのよ。

Credits


Text Bojana Kozarevic
Photography Louie Banks