Sang wears all clothing, jewelry and shoes model's own. 

絵を描くモデル、サン・ウー・キム

モデルのサン・ウー・キムがロンドンで個展を開催する。

by i-D Staff
|
14 June 2017, 3:25am

Sang wears all clothing, jewelry and shoes model's own. 

This article originally appeared in i-D's The Creativity Issue, no. 348, 2017.

角ばった頬骨と、心の奥までとろけさせるような笑み——サン・ウー・キム(Sang Woo Kim)は恋せずにはいられない顔を持っている。ソウルに生まれ、ロンドンで育った彼は単なるモデルではない。韓国人として初めてBurberry 2014年秋冬のショーに登場した彼は、これまでに数え切れないほどの広告で起用されている。22歳の溢れる情熱は芸術分野へも及び、画家として、また最近では写真家としても活動している。

「小さい頃、学校で日記を書く宿題があったんだけど」と彼は話す。「その日あったことを文書じゃなくて、絵で描いてたんだ。10歳のときには大学で芸術を勉強したいとお母さんに話していたほど。まだ大学がどんなところかも知らなかったのにね!」 抽象的なものにインスピレーションを受けるという彼の作品は感情的で、ひとつひとつの筆致が彼のパズルのような人生を知る手がかりになっている。「僕は"見る"ために生きている」と彼はいう。「ふたつのカルチャーのあいだで過ごした経験は僕に共感することを教えてくれた」。今年ベルリンの<Magic Beans Gallery>で開催されたキムの個展「If You See Me, Now You Don't」では、"自身らしさ"と"移民"というテーマをパーソナルなしかたで掘り下げ、自身の過去と向き合った。

学問に励んでほしいと望んでいた両親は、キムが芸術の道に進むことに反対していたため、彼がその創造力を発揮するのは簡単なことではなかった。しかし、かといって諦めきるキムではなかった。「こんな時代にこそクリエイティビティを尊重するべきだと思う」。ランウェイと展覧会会場で、私たちは彼の今後の活躍を確信した。

Briefs Costume Studio. 

All clothing and jewellery model's own. Boots Costume Studio. 

Credits


Text Tish Weinstock
Photography Tim Walker
Styling Max Clark
Make-up Lucy Bridge at Streeters using Chanel L Les Indispensables de L'Été and Chanel Blue Serum.
Translation Aya Ikeda

Tagged:
MODEL
Sang Woo Kim
fashion interviews
Tim Walker
the creativity issue
london models