Photography Lesha Berezovskiy

キエフのアングラ音楽シーンの今を伝えるウェブ雑誌〈TIGHT〉

近年、世界から注目を浴びているキエフのアンダーグラウンド・ミュージック。そのシーンの隆盛の鍵となっている音楽メディアが〈TIGHT(タイト)〉だ。新譜のレビューを一切せず、独自のコンテンツを発信する〈TIGHT〉運営者の3人に話をきいた。

by Juule Kay; translated by Nozomi Otaki
|
27 May 2019, 4:42am

Photography Lesha Berezovskiy

音楽記事を書くことは想像以上に難しい。知識が求められるだけでなく、集中力が激減している現代人の目を引くためには、新たなフォーマットを生み出し続けなければならない。しかし、ウクライナの首都キエフを拠点とする音楽プラットフォーム〈TIGHT〉は、あえてそれを避けている。フェスや新譜のレビューなど、すぐに読み捨てられてしまう〈ファスト・コンテンツ〉を禁止することで、アーティストの個性や楽曲の制作背景にフォーカスし、一歩踏みこんだストーリーを公開する。それがTIGHTの核だ。アンダーグラウンドシーンのアーティストが酒を片手に、人生における重要な問題について赤裸々に語る「DRINKING WITH」シリーズも人気が高い。

tight_maya_tanya_vita
Photo: Lesha Berezovskiy

「何か違うことがしたい、という想いからTIGHTは生まれました」と明かすのはTIGHT創設者のひとり、タニア・ヴォイコ(Tanya Voytko)。タニアが渉外・日程調整を担当するマヤ・バクラノワ(Maya Baklanova)と出会ったのは、キエフのクラブでの警察の強制捜査後に制定された、不当な薬物政策への講義デモの会場だった。「政府施設の前でドラムンベースに合わせて踊っていた私たちは、すぐに心が通じ合ったんです」とタニアは当時を振り返る。その後、ふたりが音楽フェスで出会ったヴィタ・ジリアコワ(Vita Zhyriakova)が3人目のメンバーに加わる。キエフの小さなデザインスタジオ〈Jugoceania〉とともにウェブサイト制作とアートディレクションを手がける彼女は、現在ストックホルムを拠点に活動している。「みんなとはすぐに離れてしまったけれど、友情は深まりました」とヴィタは笑みを浮かべる。

「私たちがつくりたかったのは、読者とひとつの体験を共有するプラットフォームです」とヴィタは明言する。「みんなに記事を〈感じて〉ほしい。言葉だけじゃなくて、その背景にあるイメージを感じとってほしいんです」。ロシアやウクライナには、3人が自由に自己表現できるプラットフォームも、彼女たちの好きな音楽を取り上げるメディアも存在しなかった。だからこそ、彼女たちは自ら立ち上げることにしたのだ。こうして3人の友情から生まれたTIGHTは、ネットの世界にとどまらず、メンバーや仲間たちによるワークショップ、講義、パーティ、展示会などのイベントも主催している。

tight by Lesha Berezovskiy
Photo: Lesha Berezovskiy

キエフのアンダーグラウンドミュージックは、ぜひチェックしてほしい今注目のシーンだ。キエフのレイヴ〈Cxema〉はわずか数年で世界的に有名なカルチャーへと成長し、市内最大級のクラブ〈Closer〉では、ヘレナ・ハフ、セス・トロックスラー、マグダなど、世界で活躍するDJが定期的にプレイしている。「確かにキエフの音楽シーンは急成長を遂げていますが、女性アーティストは圧倒的に少ないのが現状です」とマヤは指摘する。「〈ШЩЦ / SHITS〉や〈Worn Pop〉などの新興レーベルやプロモーター、ゲイのためのパーティ〈Veselka〉などによって、多様性や自由でポジティブなエネルギーが生まれています。このカルチャーにはコントロールする存在がないからこそ、私たちは自由に活動できるんです」

Tight Lesha Berezovskiy
Photo: Lesha Berezovskiy

TIGHTは自らに限界を課すことなく、この自由の精神を表現し続けている。彼女たちが取り上げるのはもちろん地元のシーンだが、「インターネットのもつ無限の可能性のおかげで」特定の地域に縛られることのないグローバルなメディアになっている、とマヤは明言する。限界を知らない彼女たちに、「DRINKING WITH」シリーズで取材してみたい相手を訊いた。「私はロレンツォ・セニ。面白い話をたくさんしてくれそうだから」とマヤ。「私はコージー・ファニ・トゥッティと飲みながら人生について話すのを想像したりします」とタニア。ヴィタは「絶対にリン・ダ・ケブラダ」と言いきった。「彼女の音楽は容赦がなくて、率直で、政治的。パフォーマンスも最高です」。この言葉は、そっくりそのままTIGHTにも当てはまるだろう。

This article originally appeared on i-D UK.