Advertisement

ドリスの頭の中のヒミツ

ドリス・ヴァン・ノッテンの想像を刺激するものを、自身のインタビューと共に紹介する。​

by i-D Team
|
16 April 2016, 10:00am

もしインスピレーションを夢の創造であるとするなら、ドリス・ヴァン・ノッテンはアイデアに満ちあふれている。最近、彼は今までで最も壮大なアイデアを思いついた。それは『Inspiration』と名付けられ、アート、ファッション、オブジェクトなどの自身の作品を主役にエキシビションを開催。パリのMusée des Arts Décoratifsにて展示され、それは広く物事を捉えるDries Van Notenの視覚的世界を感じられるものに。洋服は、50年代のDIORのオートクチュールから、80年代のKANSAI YAMAMOTOなど19世紀のミリタリーユニホーム。一方アートでは、16世紀のアーニョロ・ブロンズィーノ(Agnolo Bronzino)の肖像画から30年代のセシル・ビートン、最近のアーティストではラキブ・ショウの構図などが集まった。彼の想像を刺激するものを、自身のインタビューと共に紹介する。

Credits


Director James Lowrey
Associate Producer Dean Kissick
Fashion Features Editor Anders Christian Madsen
Sound mix Ben Bell at Redlight
Music Eagles for Hands
Executive Producer Eddy Moretti
Executive Producer Shane Smith
Executive Producer Suroosh Alvi
Executive Producer Andrew Creighton
Global Head of Video Danielle Bennison-Brown
Special thanks to Patrick Scallon, Aurelien Grosjean, Pamela Golbin, all at Dries Van Noten and Musée des Arts Décoratifs

Tagged:
commissioned films
fashion videos
Dries Van Noten
Dean Kissick
Louvre
Inspirations
anders christian madsen
james lowrey
designers worlds
tuileries