ルイ・ヴィトンが期間限定ストア『テンポラリー・レジデンシー』をローンチ

ルイ・ヴィトンが期間限定メンズ・ストア『テンポラリー・レジデンシー』をルイ・ヴィトン渋谷メンズ店2階にオープンした。メンズ・スニーカーを中心としたアイテムから限定アイテムも発売。

by Kazuki Chito
|
12 July 2021, 3:15am

ルイ・ヴィトンが期間限定メンズ・ストア『テンポラリー・レジデンシー』をルイ・ヴィトン渋谷メンズ店2階に先日、7月5日よりオープンしたことを発表した。『テンポラリー・レジデンシー』は、『ルイ・ヴィトン:ウォークインザパーク』と題してグローバル展開される一連のメンズ・ファッションイベントの1つであり、ポン・ヌフ(パリ)、ソーホー(ニューヨーク)に続き、日本では初となる取組みとなる。

今回オープンした『テンポラリー・レジデンシー』では、メゾンのアイコンを間近で体験し、クリエイティブな進化の過程を心と体で感じることができるようになっており、メンズアーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブローがメゾンのために考案した、既存のコンセプトやアイコンをさらに掘り下げて体験することができる試みとなっている。

このユニークな空間はヴァージル・アブローがルイ・ヴィトン メンズ・アーティスティック・ディレクターとしてデビューした2019春夏コレクションのセットを彷彿させるレインボーカラーで統一されており、同ブランドのシューズパッケージを重ねたようなウォールデザインや、レインボーネオンカラーが印象的な大型のLVシグネチャーなど遊び心溢れるデザインを随所に取入れ、ヴァージル・アブローが作り出す世界観を存分に表現されている。

画像③-7.jpg
(C)LOUIS VUITTON / TOMOYUKI KUSUNOSE

展開アイテムは、ヴァージル・アブローのアーティスティック・ディレクションのもとで誕生したルイ・ヴィトンのメンズ・スニーカーが中心。なかでも、2019春夏コレクションで初めてリリースされた、彼のトレードマークと言える「LVトレイナー・ラインスニーカー」は、シーズンごとに素材やカラーを変えて発表されたエディションも一部展示される。また、「テンポラリー・レジデンシー」限定版のほか、アップサイクリングの概念が反映された「LVトレイナー アップサイクリング」の国内限定版、さらに先日発表されたばかりの2022春夏コレクションより先行発売されるものまで数々の限定アイテムが登場する。

シューズのほか、「ソフトトランク」や「コリエ・LV チェーンリンクス」、「サングラス1.1ミリオネア」といったメンズ・アイテムの一部も併せて展開され、7月9日には、2021秋冬コレクションのプレローンチも予定されている。

画像⑤-4.jpg
(C) LOUIS VUITTON MALLETIER

ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店 2 階
東京都渋谷区神宮前 6-20-10 MIYASHITA PARK North
7 月 5 日(月)-8 月 1 日(日) 11:00-20:00

ジェイアール名古屋タカシマヤ 3F
ローズパティオ 愛知県名古屋市中村区名駅 1-1-4
7 月 14 日(水)- 27 日(火) 10:00-20:00

*入店方法、最新の営業状況につきましては、 ルイ・ヴィトン 公式サイトをご確認ください。

*アイテムにより完売の可能性あり。