Photography Tyler Kohlhoff

BROCKHAMPTONのi-D ZINEの中身を独占公開

ヴァージル・アブローとの対話から、BROCKHAMPTONのニューアルバム『Roadrunner: New Light, New Machine』にまつわる7つのニュースをお届け。

by Frankie Dunn; translated by Nozomi Otaki
|
15 April 2021, 5:46am

Photography Tyler Kohlhoff

ロサンゼルスのコレクティブBROCKHAMPTONがそれぞれの想いを深く掘り下げ、よりハードな90sヒップホップにのせて吐露する新作が、ついに到着した。ダニー・ブラウン、ジェイペグマフィア(JPEGMAFIA)、ショーン・メンデス、エイサップ・ロッキー、エイサップ・ファーグ、チャーリー・ウィルソンが参加した、全13曲の『Roadrunner: New Light, New Machine』は、まさに非の打ち所がないアルバムといえるだろう。

 BROCKHAMPTONの6枚目となるスタジオアルバムのリリースを記念して、i-Dは彼らとタッグを組み、フォトグラファーのタイラー・コールホフ(Tyler Kohlhoff)が撮影した写真をもとに、遊び心あふれる限定版ZINEを制作。同グループの友人でファンのヴァージル・アブローによるインタビューも掲載されている。ヴァージルとの対話から、アルバムの背景にある独創的なアイデアやアーティストたちの個々の人生観がうかがえる。これこそ、私たちが望んでやまなかったものだ。

このZINEや、タイラーの写真を使用した限定ロングスリーブTシャツは、shop.brckhmptn.comi-Dのオンラインショップで購入できる。

 注文したけれど到着が待ちきれない、アルバム制作秘話や裏話を知りたくてたまらない、という人もいるだろう。そんなあなたのために、ジャバリが考えるアルバムのサウンドを決定づけた3曲から、本作がいかにジョバの心を傷つけ、癒したのかまで、ヴァージルのインタビューから明らかになった『Roadrunner』の7つの最新情報をお届けする。

Joba from Brockhampton in a pink shirt, holding his bleached hair out in two plaits

1. 『Roadrunner』はBROCKHAMPTONにとって新たな挑戦のチャンスだった

ロミル:BROCKHAMPTONのメンバーが1人か2人しか歌っていない曲もいくつかある。前は歌っていなかったジャバリも、今ではアーティストになった。イアンもビートを作るようになった。リセットするみたいに、僕たちが本当にやりたかったことをやる良い機会だと思ったんだ。一度振り出しに戻って、初めてアルバムを創ったみたいな感じ。

 2. 超自然的で、まったく新しいヴィジュアル

ケビン・アブストラクト:このアルバムでは、今まで以上に現実離れしたもの、家の前で撮ったDIYビデオ以上の何かが必要だった。さらに不思議な雰囲気になったよ。それが何かはまだわからないんだけど。

 3. とてもパーソナルな作品

マーリン:結局のところ、他のメンバーからはめちゃくちゃインスピレーションをもらったよ。(アルバム制作は)僕たちの多く、特にジョバにとっては、クリエイティビティが融合したセラピーだった。ジョバの率直さや誠実さには影響を受けた。しかもそれは、自分自身や彼の大切な人びとに対するときだけの話じゃないんだ。

 4. アルバム制作はジョバにとってエモーショナルな体験だった

ジョバ:このアルバムは率直に言って、心が痛む。心が痛むけど、同時に癒される。だからこそ特別なんだ。つまり僕たちが大切に思うすべての条件を満たしてる。わかるだろ?

an image of Kevin Abstract laying on a blue bouncy castle wearing colourful clothes


5.  『Roadrunner』には他にもたくさんのバージョンがあった

ジャバリ:このアルバムにはたくさんの形があった。節目になったのは「Buzzcut」「Chain On」「Windows」の3曲。この3曲に共通するフィーリングこそが、アルバム全体に必要なフィーリングだったんだ。

 6. 必聴のこのアルバムは、その制作自体も必然だった

ドム:このアルバムは、創った側であるグループのなかでこれを必要とする人たちのために存在してる。まだ誰も聴いていないけどね。創られるべくして創られたんだ。

 7. 『Roadrunner』を通して、BROCKHAMPTONは今一度自らのハングリー精神を証明した

マット・チャンピオン:この業界はまさに食うか食われるかの世界で、あらゆる創造的側面において、自分が飢えた捕食者であることを証明しなければいけない。自分がいかに作品や創作に貪欲であるかを示すためにね。

Follow i-D on Instagram and TikTok for more music.

Tagged:
Virgil Abloh
Brockhampton