『マリイ』の写真家・松岡一哲の個展「やさしいだけ」開催

doubletのキャンペーンヴィジュアルなどを手がける松岡一哲の写真展「やさしいだけ」が、10月31日(土)まで六本木タカ・イシイギャラリーで開催。

by i-D Japan
|
03 October 2020, 6:24am

photography Ittetsu Matsuoka

写真家・松岡一哲の個展「やさしいだけ」が、10月3日(土)から10月31日(土)まで六本木のタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで開催される。

doubletのキャンペーンヴィジュアルなどを手がけるかたわら、均質に写し取る眼差しによって、強固に形成された世界をほぐすように丁寧に写真に収めてきた松岡一哲。2018年に上梓した初の写真集『マリイ』で大きな注目を浴びた。

タカ・イシイギャラリーでの初個展となる本展では、企画構想から5年以上の歳月をかけ、松岡が妻との日常を継続的に撮り続けた数万枚という膨大なネガの中から、504点のイメージによって編まれた『マリイ』に掲載されている作品を中心とした15点が展示される。

これまで松岡は、妻・マリイを被写体とした、あるいは彼女の存在が感じられる景色、部屋や街といった日常的な風景を収めた私写真の系図に属する写真作品を発表してきた。ブレ・ボケによって生み出された浮遊感のある作品群は、見る者に身近な感情を想起させると同時に、そこにたち現れるものすべてを肯定するかのような不思議な感覚をももたらし、静かにも強い作品世界へと誘う。

「希望というものを、そのまま写真に写す」というのは松岡の言葉。混沌化を極める昨今の情勢にあっても、私たちの周りには「希望」はたしかに存在しているはずだ。松岡の作品を見ながら、日常にある「希望」を探してみたい。

main2.jpg

松岡一哲「やさしいだけ」

会期: 2020年10月3日(土)- 31日(土)
会場: タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
安心して作品をご覧いただけるよう様々な感染症対策を徹底しております。
※展示に合わせて制作された図録『やさしいだけ』を販売。
https://www.takaishiigallery.com

Tagged:
Photography
Exhibition
Ittetsu matsuoka