独占インタビュー:マーク・ジェイコブスの愛犬ネヴィル

モデルはたいてい友達。飛行機はプライベートジェットにしか乗ったことがない。そんなファッション界最大のセレブ犬・ネヴィルが、今月とうとう本を出版することになった。

by Alice Newell-Hanson
|
25 August 2017, 7:53am

image courtesy rizzoli

あの足でどうスマホを操っているのかは不明だが、ネヴィル・ジェイコブスの自撮りはずば抜けている。Rizzoli社から出版された本——秘密でもなんでもないが、ゴーストライターにマーク・ジェイコブスの右腕でありネヴィルのスタジオマネージャーでもあるニコラス・ニューボールド(Nicholas Newbold)を迎えている——には、子犬からトップモデルへと成長する可愛いブルテリアの記録が200ページにわたり綴られている。ハンネ・ギャビー・オディールとソーホーの通りでポージングするネヴィル、クリスティー・ターリントンと散歩をするネヴィル、ジョージア・メイ・ジャガーと昼寝をするネヴィル。このグラマラスな生活(と、もちろんその可愛い顔)がひとびとの注目を集め、今やネヴィルはInstagramで19万人を超すファンを抱えている。

今回発売された本ではまた、ネヴィルがMarc Jacobs社本部で果たしている役割が見て取れる。ネヴィルは、キャスティングにも撮影にも立会い、ミーティングにも同席し(ほとんどが寝ているが)、ときにはプラットフォームブーツを履いてみたり、ハンドバッグのなかに潜り込んでみたりする。だがこの本『Neville Jacobs: I'm Marc's Dog』は、会社の可愛いマスコット的存在の犬を撮って回った単なる記録に留まっていない。写真の数々を通して見えてくるのは、ネヴィルに対するマーク・ジェイコブスの献身だ。本の序章で、ジェイコブスはネヴィルについて「これまでに出会った誰よりも僕を落ち着かせてくれる——そして僕の心を幸せと喜びでいっぱいにしてくれて、真の善意や愛というものが本当にこの世に存在するんだということを、身をもって僕に見せてくれる」と書いている。

マークの言葉のとおり、ネヴィルはその善意そのままに、有名である自分の立場を利用して慈善活動もしている。去年は、プエルトリコの捨て犬たちを救助して、社会生活を送れるようリハビリも提供する非営利団体Sato ProjectのためにマークがキャンペーンTシャツを作った際、モデルとして参加している。ネヴィルは自身のInstagramで引き続きSato Projectへの支援をしているほか、今回の本の収益金もすべてこのプロジェクトの支援にあてるそうだ。

父親マークについて、そしてカーラ・デルヴィーニュを誘拐したときのことについて、ネヴィルに聞いた。

マークは、あなたの「表現力豊かな三角形の目」が好きだと言っていますが、あなた自身が思うあなた最大の魅力とはなんだと思いますか?
顔の形だと思う。みんななぜだか僕の顔を見て嬉しそうな顔をするからね。

あなたの1日を教えてください。
普段は、朝起きたらすぐに外へ出てトイレを済まして、家のなかに戻ったら朝ごはんを食べる。そしてお父さんが仕事に行く準備ができるのを待つ。お父さんの準備が整ったらオフィスに行くけど、12時間寝たあとだからもう疲れていて、オフィスに着いたらすぐに昼寝をするというのが朝の流れ。昼に目が覚めたら、親友であり同僚でもあるチャーリーとのトレーニングがあって、それが終わる頃にはジャンが来るから、一緒にクロスビー通りを散歩(ほとんど座ってるけど)する。日の光を浴びて、近所で何が起こってるかを把握しておくんだ。オフィスに戻ったらまた昼寝をするか、ゴミ箱を漁っておやつを食べるね。夜は家に帰って晩御飯を食べて、お父さんとテレビを見る。そんな毎日の繰り返しだよ。

戦場のようなオフィスでいつでも落ち着いていられる秘訣は?
そういう性格なのかな?小さなことには動じない、そういう性格なんだ。

あなたのお父さんもニコラスも、「ネヴィルはゴミ箱を漁るのが好き」と言っています。ゴミ箱にどんなものが見つかるのでしょう?
先週はチキンを半分とコーンブレッドをふたつ、それとお米を見つけたよ。その数時間後には9階にまだ新鮮なサラダが捨てられていたからそれを全部食べた。すっっっっごく美味しかった!

お父さんとの間で、あなたはどれくらいクリエイティブ面での決定権を持っているのでしょうか?
ビスケットに関しては僕がほぼ全決定権を持ってるけど、他に関しては基本的にお父さんに任せてる(散歩に関しては、僕があまり好きじゃないから僕が全決定権を握ってるけど!)。

お父さんのコレクションではどれがあなたのお気に入りですか?
今回の本の表紙に使われた写真で僕が着ている2016年春夏のセーターは気に入ってるね。

ファッションウィーク開催中にカーラ・デルヴィーニュを誘拐したと本のなかで語っているけれど、それについて少し詳しく教えてください。
1年ぐらい前、カーラがフィッティングでオフィスに来ていたときがあったんだ。カーラは最高にクールなひと。子供みたいにふたりでふざけて遊んだだけだよ!

モデリングについて、あなたがモデルのお友達から学んだ最も重要なことは?
あんまり真面目に考えすぎるなってことかな。自分のアングルを知るということも大事。

好きなお洋服は?それと、これまでお父さんに着させられて恥ずかしい思いをした服はありますか?
お父さんはファッションに関してまったく無知というわけではないからね。冬にお父さんが選ぶセーターはどれも好きだよ。

あなたを溺愛するあまり周りが見えなくなってしまうようなことは、これまでお父さんにありましたか?
いや、僕の目には、お父さんはいつもパーフェクトに見えるよ。

Architectural Digest』誌のカバーストーリーは美しかったです。お父さんが持つ家具のうち、どれを汚すのが好きですか?
あはは!僕はマナーがちゃんとしてるから、どれも汚したりしないよ……僕はきちんと礼儀をわきまえた犬なんだ。

ニコラス・ニューボールド著『Neville Jacobs: I'M Marc's Dog』はRizzoli社より今月発売予定。

購入はこちらから。

rizzoliusa.com

Credits


Text Alice Newell-Hanson
Images courtesy Rizzoli
Translation Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

Tagged:
marc jacobs
Rizzoli
book
dog
fashion interviews
neville jacobs