Gang Gang Dance ブライアン・デグロウの個展『ソラリウム・デモ』

ギャング・ギャング・ダンスの中心メンバー ブライアン・デグロウが東京・北区にある WISH LESS galleryで個展を開催。

|
12 december 2018, 12:06pm

00年代初頭にNYでひときわ存在感を放っていた尖鋭音楽集団ギャング・ギャング・ダンス。2018年は7年間の沈黙を破り、最新アルバム『Kazuashita』を発表、2019年1月の来日も待ち遠しい。その中心メンバーであるブライアン・デグロウが、1月26日から東京・北区の WISH LESS gallery にて個展『ソラリウム・デモ』を行う。

英老舗レーベル〈4AD〉を代表するミュージシャンでもあり、卓越した写実力が高い評価を受けるヴィジュアルアーティストでもあるブライアン。今回の個展では、 WISH LESS gallery の共同制作による限定7インチレコード・シリーズも発売される。本展のためだけにブライアンが書き下ろした音楽を7インチレコードにダイレクトカッティング。それぞれのカバーに本人がペイントを施した、他では手に入らない1点もの。要チェックだ。

1544597988724-Brian_main

ブライアン・デグロウ 個展「ソラリウム・デモ」
会場:WISH LESS gallery
会期:2019年1月26日(土)~ 2月17日(日)
開廊時間:木・金 16:00~21:00、土・日 12:00~19:00 ※最終日は18:00終了
休廊日:月~水曜日

オープニングレセプション:1月26日(土)18:00~20:00