『FREE MAGAZINE』編集長が新媒体『198201111959』を刊行

『FREE MAGAZINE』編集長を務めていた山﨑潤祐が同誌をクローズし、新たに『198201111959』を刊行する。4月27日(土)よりDOVER STREET MARKET GINZAにて先行販売。

by Sogo Hiraiwa
|
26 April 2019, 9:09am

『FREE MAGAZINE』編集長を務めていた山﨑潤祐が、新たな媒体『198201111959』を立ち上げた。新シーズンの服だけでなく、90年代以降のアーカイヴピースも数多く取り入れ、様々なデザイナーの作品を紹介。撮影には多くのアジア人クリエイターたちが参加するという。また、マリオ・ソレンティがJIL SANDERのために日本で撮影した写真を用いたフォトストーリーブックも制作。ベルギー・アントワープ出身のマリナ・イーやロ ナルド・ストゥープスといったクリエイターのインタビュー記事も掲載されている。

世界でも屈指のクオリティを有したファッションフリーマガジン『FREE MAGAZINE』はこれで終刊となるが、その編集長・山﨑潤祐が新たに立ち上げたメディアとなっては期待はおのずと高まる。限定3,000部というから、GW中にいち早く手に入れたい。

1556268472280-198201111959_201904_launch-5

『198201111959』は4月27日(土)よりDOVER STREET MARKET GINZA にて先行販売。以降、全国のファッションストアや書店にて随時販売開始。
判型:210x148mm
部数:限定3,000部
価格:1,982円+税

1556268496001-198201111959_201904_launch-3
1556268533693-198201111959_201904_launch-8
Tagged:
fashion, magazine, freemagazine 198201111959