Photography Sarai Mari

更井真理の写真集 第3弾『Delusion』発売に伴い、東京、大阪、NYにてローンチイベントが開催

2016年から2018年にかけて撮り下ろされた、NY在住の写真家・更井真理の写真集『Delusion』がついに発売。アートディレクションには巨匠ファビアン・バロン。

|
22 May 2019, 2:16am

Photography Sarai Mari

本誌 i-D Japanをはじめ、国内外の著名誌やセレブリティのポートレイトなど、長年の多彩なキャリアとともに、現在も第一線で活躍する写真家・更井真理。輝かしいキャリアにも関わらず、今回の写真集を手に「やっと、自分と写真がリンクして来た気がします。やっと自分を表現出来るようになって来たと思います。次の目標も、その次の目標も見えて来ました」と自身への理解と、写真家としての世界との繋がりを、現在進行形で探求することを貫き続ける彼女がいた。

写真集『DELUSION』 の作品名にもなっている、その"妄想"の意味とは。「自分が何者なのか、世間からの期待、表現したいことへの葛藤、生きることへの恐怖心、これらのことから解放される日は来ないのかもしれない」という、彼女自身の内面との対話を元に、2016年から約2年間に渡り、NYを拠点とする更井本人の友人たちが被写体となって撮り下ろされている。

「デザイナー、シンガー、学生、スタイリスト、クラブキッズ、モデル。多くがプライベートで出会った、友人たち。私が描く世界観に共感を持ってくれる唯一無二のかけがえのない人たち。何か一緒に面白いことをしようと企んでいた友達が被写体なのです」

彼女がNYで出会った人々は、互いに共感しインスパイアし合いながら、性別や年齢、人種やカルチャーの枠を越え、好奇心旺盛にNYという大都会に生きている。彼女にとって彼らを写真に捉えるという行為は、鏡に映っている自分自身を見い出し、自身が見ている妄想世界を落とし込むという、この世にコピーアンドペーストする作業に近いものなのかもしれない。

本写真集のアートディレクションには、この世界において多大な影響力を持つアートディレクター・ファビアン・バロン(Fabien Baron) が名を掲げている。バロン氏とはどのように話が進んでいったのか、更井は人生の中で大きなターニングポイントであったその時のことをこのように話す、「一緒に本屋へ行って、お互いに知ってる本、持っている本のことを話しながら、彼がディレクションを手がけた本もたくさん見せてくれました。気がつけば本屋には彼の本ばかり。最後にどれが好き?って聞かれて、Joel Meyerowitz の本を差したら、プレゼントしてくれて。そのタイミングで、咄嗟に3冊目の話を切り出したら、即座に"いいよ!"って。後日、撮り溜めた写真とともに彼のスタジオへ、そして話は進んでいきました。興奮と感動の始まりでしたね」。

大勢の友人たちが被写体として参加している中、更井が語ってくれたエピソードは、ビョークやブルーク・キャンディといったアーティストたちを魅了するNYのブランド<KAIMIN>とのストーリー「友人のタコと一緒に撮影に挑んだ<KAIMIN>の撮影は、前作の写真集『SPEAK EASY』を見て感動してくれたデザイナーから直接依頼があって、コラボレーションをすることになりました。タコとの体当たりの撮影は未だかつて無いほど、印象深かったので、とにかく見て欲しい」。 そして、表紙として選んだカットについて「クラブキッズのCheekymaaは、最高のキャラで、私自身も撮影が出来る日を楽しみに待ち望んでいたんですが、 ようやく当日になったら、2人して疲れが極に来ていた日と重なってしまって。のそのそと撮影始めつつ、それでもCheekymaaは100回近く側転してくれました 笑。その日の疲れと、どんよりした日のムードがどことなく写真に出ていて大好きな1枚になった」と、マルチなカルトインフルエンサーとしてNYのクィアやファッションシーンで支持されているCheekymaaとのセッションについても話してくれた。

本写真集出版記念として、東京・代官山 蔦屋書店では、作家本人を囲んでのオープニングパーティ。大阪・名村造船跡地CCOではサイン会、そして、NYではギャラリー<OnCanal>での写真展が7月と、ローンチイベントは3都を移動する。それぞれ日時が異なるので、下記のインフォメーションを要チェックして欲しい。

Sarai Mari『Delusion』
アートディレクション:Fabien Baron
編集:千葉琢也
言語:英語+日本語
出版社:THOUSAND Inc.
販売価格:6000円(税抜)

<TOKYO>
イベント
期間:2019年5月24日(金)19:30 - 21:00
場所:代官山 蔦屋書店
住所:渋谷区猿楽町17-5 2号舘 1F

<OSAKA>
サイン会
日時:2019年5月25日(土)17:00〜19:00、2019年5月26日(日)14:00〜16:00
場所:KITAKAGAYA FLEA & ASIA BOOK MARKET/名村造船跡地 クリエイティブセンター大阪(CCO)
住所:大阪市住之江区北加賀屋 4-1-55

<NY>
写真展
期間:2019年7月11日(木)〜7月18日(木)
場所:OnCanal
住所:312 Canal Street, New York

http://www.saraimari.com/