鈴木親と北村道子が参加 IHNN2018年秋冬のインスタレーション開催

スタイリングは北村道子、撮影は鈴木親。IHNNが、写真とインスタレーションによる展示会を代官山のSPEAK FOR SPACEで開催。

|
21 May 2018, 5:43am

文化ファッション大学院大学出身のデザイナー、イン・チソンによるIHNN(イン)が、6月1日(金)と2日(土)に2018年秋冬コレクションを代官山・SPEAK FOR SPACEで発表する。関係者向けだが、2日目だけ一般ゲストの入場が可能とのことだ。

モーツァルトの『不協和音』から着想を得たコレクションを発表するにあたって彼は、「携帯の小さな画面でインスタ等から簡単に服を見る今の流れに反して、見る人が少しでも服のことを考えるような機会」をつくりたかったと言う。その思いを具現化するルック・ビジュアルの制作には、フォトグラファーの鈴木親、デザイナー曰く「服の本質のことを考えるようなスタイリングをする」北村道子を招いた。このビジュアルに「不協和音」を連想させるグラフィックを加えた空間が、インスタレーションとして表現される。

服にまつわる膨大なイメージは、たしかにインターネット上に氾濫している。そんな現代にあって、この展示会はどのような足跡を残すのだろう?

IHNN 2018AW Special Exhibition
日時: 2018年6月1日(金)*18:00 - 22:00
6月2日(土)一般入場可 *10:00 - 19:00
会場:SPEAK FOR SPACE 2F 東京都渋谷区代官山28-2