ジェンダレス男子2.0

「らしさ」から解き放たれ、思うままにメイクやファッションを楽しむ男の子たち。彼らの進化はとどまることを知らない。

by Ai Ito
|
15 December 2020, 6:00am

以前、ジェンダレス男子という言葉が流行ったのを覚えているだろうか。そもそも社会的ジェンダーロールの境界が曖昧になって久しい現代において、「男らしさ」や「女らしさ」の記号から解き放たれたひとびとが現れてくるのは自然なことだし、そんな彼らを〈ジェンダレス男子〉として一括りにしてしまうのも安易すぎる気もするが、とにかく、ひとむかし前だったらトレンドを作ることは難しかったかもしれない彼らが、SNSのおかげでお互いに繋がり、ひとつのムーブメントを生み出したのだ。

この言葉が頻繁に使われた頃は、メイクをして派手髮やカラコンに原宿っぽいスタイルというジェンダレス男子にもステレオタイプ的な外見が存在していた。けれど、その存在が一般に認知され受け入れられている間に、彼らは与えられたイメージから脱却し、さらに進化している。そのファッションもストリート、モード、ノームコアなど、さらに今の自分を楽しむ方向にシフトし、メイクもファッションにあわせて多様化している(そして驚くほど美しい)。

メンズスキンケア商品が次々と発表されているのは言わずもがな、最近ではGucciがブランド初のジェンダーフルイドでノンバイナリーな「Gucci Mx」をローンチ、美容大国の韓国ではメイクアップ製品のジェンダーレス化も進んでいるという。セクシャリティやジェンダーを意識せずとも、ただ自由に自分を表現して生きていけるように、彼らは想像力を発揮し、既存のルールに挑戦し続けているのだ。

窮屈な「らしさ」から解き放たれて、思うままにメイクやファッションを楽しむ男の子たちに話をきいた。

16.jpg
RAIKI WEARS ALL CLOTHING MODEL’S OWN.

靈樹(14)・中学生

—— メイクに興味を持ちはじめたのはいつ?

はっきりとは覚えていないですが、小学校6年生くらいだったと思います。

—— 実際に自分にメイクするようになったきっかけは?

洋服を好きになって、コレクションのルックをたくさん見ていくうちに綺麗なヘアメイクに目がいくようになっていって、そこからは表現の手段の一つとして自然と馴染んでいきました。

—— ファッションやメイクのインスピレーションはどこから得てる?

メイクは、最近だとLeonora Carringtonというシュルレアリスムの画家が描く絵を参考にしてます。ファッションはあらゆる出来事からインスピレーションを受けるので自分が憂鬱な時は全体的に色が少なくなったりとか変化が激しいです。

—— 憧れの人はいる?

考え方に惹かれる人はたくさんいて、作家のEmil Cioranとか、音楽家だと同じノンバイナリーのArcaとか、他にもたくさんいます。

—— あなたのメイクに「これだけは欠かせない」というコスメやメイクアップツールは?

ベビーオイル。

—— 最近買って良かったプロダクトは? 

Hyein Seoのトップスと鏡。

—— 注目してるブランド、好きなブランドは? 

インスタでフォローしてるブランドはもちろん、セントマの卒業生の人たちの服、あと上海系のブランドは感覚と思い切りが良くてよくディグしてます。

—— 今だから話せる、黒歴史エピソードはありますか? 

性別も年齢も国籍もわからないって言われた時はちょっと悲しかったです。

—— 今までで一番役に立ってる人生のアドバイスは?

本ですが、三島由紀夫の『不道徳教育講座』は今の自分にとって教科書みたいな存在です。

—— 次にチャレンジしてみたいことはある?

クラシックバレエとシンセサイザー。

—— 2021年の目標は?

春から高校になるので、色々なことを本格的に始めていきたいです。

4.jpg
GU QUAN WEARS ALL CLOTHING MODEL’S OWN.

王小犬(19)・学生

—— メイクに興味を持ちはじめたのはいつ?

小さい頃、お母さんの口紅をこっそり使った時から。

—— 実際に自分にメイクするようになったきっかけは?

高校生の時、自分の外見が理由でいじめられたことがあります。メイクをすることで自分を変えたかった。

—— ファッションやメイクのインスピレーションはどこから得てる?

日常生活から生まれることが多いです。周りであった面白いことにインスパイアされてメイクします。

—— メイクをする際に参考にする人はいる?

参考にしている人はいませんが、たくさん動画を見てメイクのやり方を学んでいます。

—— 憧れの人はいる?

Pat McGrath。Jean Paul Gaultierのランウェイのメイクは、クラシックで普遍的だと思います。Darcvalacのようなアーティストのメイクも、普通のメイクの枠を飛び出していて素敵だと思います。

—— あなたのメイクに「これだけは欠かせない」というコスメやメイクアップツールは?

ハイライトとアイライナーは絶対に。

—— 最近買って良かったプロダクトは? 

Erno Laszloのスキンケアです。

—— 注目してるブランド、好きなブランドは? 

一番好きなブランドは alice auaa Yasutaka Funakoshiです。ゴシックファッションに魅了されました。

—— 今だから話せる、黒歴史エピソードはありますか? 

化粧したら、自分の猫が自分に気づかなくなったこと。

—— 今までで一番役に立ってる人生のアドバイスは?

「自分らしく生きていこう!」

—— これからメイクをはじめるひとに、あなたがアドバイスをするとしたら?

キレイでウケのいいメイクばかりをネットで学ぶのではなくて、自分を表現できるメイクを見つけること。

—— 次にチャレンジしてみたいことはある?

素顔でおでかけします!(笑)

—— 2021年の目標は?

絶えず勉強して、創作して、みんなへ良い作品を届けたい!

6.jpg
MINOR WEARS ALL CLOTHING MODEL’S OWN.

MINOR・表現者

—— メイクに興味を持ちはじめたのはいつ?

中2頃。

—— 実際に自分にメイクするようになったきっかけは?

コレクションのアートのようなメイクを見て。

—— ファッションやメイクのインスピレーションはどこから得てる?

街ゆく人から、植物、生きてて目に入るもの全てからですね。

—— メイクをする際に参考にする人はいる?

いない。

—— 憧れの人はいる?

Lady gaga

—— あなたのメイクに「これだけは欠かせない」というコスメやメイクアップツールは?

陰影をつけること。

—— 最近買って良かったプロダクトは? 

shu uemuraのリキッドファンデ。

—— 注目してるブランド、好きなブランドは? 

The blonds。

—— 今だから話せる、黒歴史エピソードはありますか? 

小学校4年生ぐらいの時、年上の汚ギャルと仲が良く、マンバメイクしてもらってチャリ爆走してた事です。

—— 今までで一番役に立ってる人生のアドバイスは?

「ルールは破れ マナーは守れ」

—— これからメイクをはじめるひとに、あなたがアドバイスをするとしたら?

新しいあなたに出会える最高のツールだから、色々トライして最高にあがる自分を見つけましょ!

—— 次にチャレンジしてみたいことはある?

全身特殊メイクで何かになりたい。

—— 2021年の目標は?

アイコン的存在になるためMINORという存在を確立させる。

2.jpg
EIJI WEARS SHIRT AND PANTS BLACK WEIRDOS. SHOES MODEL’S OWN.

エイ熾゛(18)・Reward from sin is death ディレクター、モデル

—— メイクに興味を持ちはじめたのはいつ?

高校一年生からです!

—— 実際に自分にメイクするようになったきっかけは?

コンプレックスをメイクで変えて、自分の顔を好きになりたい!と思ったのがきっかけです。

—— ファッションやメイクのインスピレーションはどこから得てる?

異彩を放ってた2000年代の黒ギャルカルチャーや、神社や自然、洗練された物から得る事が多いです。

—— 憧れの人はいる?

マインド的な面で尊敬する方はいるのですが、憧れの人はいないです。

—— あなたのメイクに「これだけは欠かせない」というコスメやメイクアップツールは?

コスメなのかは分かりませんが鼻プチという鼻を高くするアイテム!

—— 注目してるブランド、好きなブランドは?

Cycle by myobというブランドは高校一年生から大好きです!

—— 今だから話せる、黒歴史エピソードはありますか? 

MA-1の上に着物を着て12センチの厚底を履き、1.5メール程のボーダーのファーを体に巻き「派手ならOK!」という考え方をしていた頃は黒歴史というか…今では考えられないファッションをしていたなと思います。ですがその道を通ってきて良かったと心の底から思います。

—— 今までで一番役に立ってる人生のアドバイスは?

まだ無いです。これから巡り会うと思います。

—— これからメイクをはじめるひとに、あなたがアドバイスをするとしたら?

貴方の顔は元から最強に素敵!

—— 次にチャレンジしてみたいことはある?

自身のブランドをより拡大しファッションイベントを開催したり、音楽にも携わって生きて行きたいと思っているのでDJや曲の制作に挑戦したいと思っています!

12991038061870.jpg
RUKI WEARS ALL CLOTHING MODEL’S OWN.

龍輝(19)・フリーランスモデル

—— メイクに興味を持ちはじめたのはいつ? 

15歳の時。

—— 実際に自分にメイクするようになったきっかけは?

東京に上京してきて、街のみんながしてたから。

—— ファッションやメイクのインスピレーションはどこから得てる?

YouTubeやインスタのおすすめ欄。

—— メイクをする際に参考にする人はいる?

海外アーティストのメイク。

—— 憧れの人はいる?

クォン・ジヨンさん。

—— あなたのメイクに「これだけは欠かせない」というコスメやメイクアップツールは?

アイシャドウ。目尻に描いて目を鋭くする。

—— 最近買って良かったプロダクトは? 

ランコムのファンデーション。

—— 注目してるブランド、好きなブランドは?

Alexander McQueen、Chanel、toga、Peter Do、KIMHEKIM、alexanderwang。

—— 今だから話せる、黒歴史エピソードはありますか? 

15歳で上京したばかりの時、とにかく戦闘装備のようにメイクをしていたから、絵を描くように大胆なアイラインを描いたり、舞台メイクのように超派手なメイクになっていた。大雑把な感じが自分らしくて嫌いじゃないけど、今となっては絶対にしたいと思わないメイク。

—— 今までで一番役に立ってる人生のアドバイスは?

「自分を愛せない人は他人に本当の愛は与えられない」

—— これからメイクをはじめるひとに、あなたがアドバイスをするとしたら?

まずはベースから整えるべきだと思う。

—— 次にチャレンジしてみたいことはある?

音楽。

—— 2021年の目標は?

自分がまだ出逢った事のない、驚くような、想像を超える自分を知りたい。

Credit


Creative Direction Babylon
Photography Idan Barazani
Styling Tatsuya Shimada
Styling Assistant Tomoka Kume

Tagged:
generation z
Beauty
make up
sns
genderless kei