「big design award 2021」ファイナリストの作品が展示されるショールームと審査員によるトークセッションが開催

ギャラリーNANZUKAの南塚真史と複雑系研究者の池上高志氏、MAISON MIHARA YASUHIROの三原康裕とi-D Japanの林香寿美によるふたつのトークに、3月18日(金)に無料で参加できる。

by Tatsuya Yamaguchi
|
16 March 2022, 5:59am

アジア拠点のグローバル・ファッションコンペティションとして、2019年に誕生した「big desgin award」。世界28カ国の中から選出された2021年度のファイナリスト13組が出揃うも、パンデミックによる渡航・入国制限の影響で最終審査会はやむなくキャンセルとなった。

そこで、コンペの運営に加え、アジア圏を中心としたメンターシップやブランドサポートも展開するbigは、ファイナリスト全員に「Essential Designers of big 2021」を授与することをアナウンス。同時に、Rakuten Fashion Week TOKYO 2022 A/Wの公式スケジュールである3月17日(木)には、一部のファイナリストの作品を招いたファッションショーを開催することを決定し、業界内にファイナリストを紹介する機会を創出。翌日18日、19日には、ファイナリストのワークの数々を一般来場可能なオープンスペースで展示を行う。

さらに、bigが新しいクリエイティビティとともに切り拓こうとするファッションの未来へのヒントを広く共有するべく、本審査員である4名——複雑系研究者・東京大学大学院総合文化研究科教授の池上高志とギャラリストで「NANZUKA」代表の南塚真史、ファッションデザイナーの三原康裕と「i-D Japan」のエディトリアルディレクターである林香寿美によるふたつのトークセッションが、3月18日(金)に表参道のワールド北青山ビルにて無料で開催されることも決まった。こちらのフォームから申し込みをして、是非とも足を運んでほしい。

big design award 2021: 展示会+トークセッション

会場:ワールド北青山ビル 1F
住所:東京都港区北青山3-5-10

展示会(一般公開):
2022年3月18日(金)・19日(土) 12:00〜20:00

審査員によるトークセッション(無料・申し込み制):
2022年3月18日(金)
・17:00-18:00
池上高志氏(複雑系研究者・東京大学大学院総合文化研究科教授)
南塚真史氏(ギャラリスト・NANZUKA代表)

・18:30-19:30
三原康裕氏(ファッションデザイナー)
林香寿美氏(編集者)

モデレーター:坂部三樹郎氏(ファッションデザイナー)、中島真(big株式会社 代表取締役社長)

Tagged:
Fashion
competition
event
designers