参加作家数42名。林央子による個人誌『here and there』最新号は「ヒヤシンス革命」

編集者 林央子による個人発行誌『here and there』がおよそ3年ぶりとなる最新号をリリース。参加アーティストらによるリリースイベントも開催。

|
jul 13 2018, 2:28am

ファッション、アートのインディペンデントなあり方を追求し続けるライター・エディターの林央子による個人発行誌『here and there』が最新号vol.13「HYACINTH REVOLUTION」issueをおよそ3年ぶりに刊行する。

タイトル「ヒヤシンス革命」にある通り、今回の特集では様々なフィールドで活躍する作家42名がヒヤシンスの球根を育て、その体験を通して得たインスピレーションをもとに生み出した各々のスタイルに沿った作品群が独特で新鮮なレイアウトと共に紹介される。

本誌に絵、写真、詩、俳句、エッセイ、観察日記などで参加するのは、谷口真人、志村信裕、長島有里枝、スーザン・チャンチオロ、金氏徹平、高山明、ミヤギフトシ、PUGMENT、服部みれいなど、「here and there」に縁の深い作家から、初参加の作家まで豪華な顔ぶれが見受けられる。

ブレない軸と独自のテーマを追求し完成した本誌を手に取れば、雑誌という媒体でしかできないこととは何かを改めて考えさせられるだろう。

また、本誌の刊行を記念し都内各所でイベントも開催予定だ。参加作家のスーザン・チャンチオロによるファッションライン「RUNCOLLECTION」の最新作の展示販売をはじめ、刊行記念で描き下ろされた志村信裕の原画展示販売など、アーカイブだけでなく、リアルタイムで雑誌を楽しむことができる様々な企画が揃う。

featured 004:here and there library
at UTRECHT
2018.7.10(Tue) – 7.29(Sun)

here and there vol.13 HYACINTH REVOLUTION
at Center for COSMIC WONDER
2018.7.13 (FRI) – 7.29 (SUN)

here and there vol.13 HYACINTH REVOLUTION by 谷口真人×志村信裕
at Lamp harajuku
2018.7.20 (FRI) – 7.31 (TUE)