ディオールのイラスト集『Dior by Mats Gustafson』

マッツ・グスタフソンが手掛けたDiorのイラスト集が書籍化された。写真にはない有機的な温かみが感じられる。

by Yuuji Ozeki
|
20 January 2017, 8:45am

©Mats Gustafson 

多くのアートブックを手がけるNYの老舗出版社 Rizzoli から、イラストレーターのマッツ・グスタフソンが描いたDiorのイラスト作品集が発売される。

1951年、スウェーデン生まれたマッツ・グスタフソンは、フランスのファッション雑誌『Marie Claire』にイラストを掲載して以来、ニューヨークを拠点にイタリアやアメリカの『Vouge』や『Harper's BAZAAR』など数々のファッション誌で活躍、国際的な評価を受けている著名なイラストレーターだ。彼の水彩画とコラージュは、淡く繊細なタッチと直線的な筆使いが特徴で、ムダを削ぎ落としたそのミニマルなシルエットは、抽象的でありながらもデザイナーそれぞれの世界観をとどめており、幻想的なイラストへと昇華されている。

古くはムッシュ ディオールと親交の深かったルネ・グリュオーがイラストを手がけてきたキャンペーン広告のイラストは、現在マッツ・グスタフソンによって引き継がれており、ブランド創成期から続くDiorのエレガンスとスピリットを表現している。本書では、マッツ・グスタフソンが『Dior Magazine』のためにDiorのオートクチュールおよびプレタポルテのコレクションを再解釈した作品を集めた書籍となっている。

Dior by Mats Gustafson

出版社:Rizzoli

発売日:2017年2月14日(国内未発売予定)

©Mats Gustafson 

Credits


Text Yuuji Ozeki

Tagged:
Art
Fashion
Dior
Rizzoli
mats gustafson