高橋盾率いるクリエイティブチーム〈UNDERCOVER PRODUCTION〉始動

UNDERCOVERデザイナーの高橋盾、アートディレクターの永戸鉄也、フォトグラファーの守本勝英、水谷太郎が組み、広告や映像を制作するチームが発足した。

|
sep 15 2018, 5:49am

日本を代表するファッションブランド、UNDERCOVER。「見たことがあるようで、誰も見たことがない服を創る」という、一貫したクリエイティビティに流れる精神は、流行や主流に対する美しき反抗心であり、ファッション界だけに留まらず世界中のクリエイターを触発してきたといえる。

2019年春夏シーズンから長らくパリで発表を続けてきたウィメンズのランウェイショーを休止する一方、今年6月にはPFWMでは初となるメンズのショーを開催したデザイナーの高橋盾による、まったく新しい活動の詳細が明らかになった。

これまでUNDERCOVERのクリエーションにおいて継続的に仕事を共にしてきたアートディレクターの永戸鉄也、フォトグラファーの守本勝英と水谷太郎、そして高橋盾の4名が中心となり「既存の枠にとどまらない広告や映像などの制作を目指す」という前代未聞のクリエイティブチームを発足したというニュースだ。その名も、UNDERCOVER PRODUCTION(UCP)。

UCP初の映像作品となるのは、“現代の吟遊詩人”とも呼ばれ、フォークソングの新しい表現を貫くシンガーソングライター・前野健太のミュージックビデオ——アルバム「サクラ」よりシングルカットされた「夏が洗い流したらまた」だ。前野は、10月19日(金)に開催されるUNDERCOVER京都店のオープニングパーティにも出演することが既に決まっている。

今作は高橋盾の故郷である群馬県桐生市で撮影が行われたという。俳優の浅野忠信、ジャケットを手がけたイラストレーターのたなかみさきら豪華キャストも出演していることも注目だ。UNDERCOVERの美学の一端を想起せざるを得ないラストシーンに宿った、UCPのステートメントともとれる映像を今すぐチェックしよう。

ちなみに、映像第2弾は、今年6月にパリで発表した2019年春夏メンズコレクションのショーを追ったドキュメンタリーフィルム『Behind THE WARRIORS』だ。

本日、9月15日(土)のVOGUE FASHION'S NIGHT OUTでは、UNDERCOVER青山店にて、UNDERCOVER PRODUCTIONが2019SSメンズパリコレクションの舞台裏を密着取材し制作したショートドキュメンタリーフィルム『Behind THE NEW WARRIORS』を19:30より先行上映。UNDERCOVERファンには必見だ。

http://undercoverism.com/