アンディ・ウォーホールの言葉に学べ

さすれば、誰もが15分間は有名人になれる——アンディ・ウォーホールの発言にインスパイアされて誕生した、アイウェアブランドZoffの新しいコラボシリーズ“I’M ANDY WARHOL”。

|
sep 10 2018, 7:02am

Image courtesy of Zoff - "i'm Andy Warhol".

「ファッションは、どこかへ出かけるためのものではなく『前に進む』ためのものであり、それが全てである」。これは、ポップ・アート・ムーブメントを牽引し、名実ともに20世紀を代表する現代アーティストであるアンディ・ウォーホールの言葉だ。画家に転向する前はグラフィック・デザイナーとして成功をおさめていた彼が、60年代中盤までに『マリリン』や『エルヴィス』といった往年のスターや死をテーマにしたシルクスクリーンを使用した絵画作品を多く制作してきたことは、広く知られていることだろう。

その一方、ロックバンド〈ヴェルヴェット・アンダーグラウンド〉のプロデュースや実験映画の制作——この頃に一時的な画家廃業宣言をする——に取り組んだり、1969年には雑誌『Interview』を創刊するなど、実に幅広い領域で活躍した人物であり、今なお世界中の人々にインスピレーションを捧げる存在だ。

そんな彼が1968年に言い放った有名な言葉がある。「誰もが15 分間有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう」。まるでインターネット社会である現代を予測していたかのようだと頻繁に語られる名言だ。そして、この言葉をテーマにし、「EYE am a HERO」を今年のブランドテーマに掲げるZoffが、アンディ・ウォーホール美術財団とのコラボレーションアイウェアシリーズ“I’M ANDY WARHOL”をリリースするという。本シリーズは〈Silver Factory〉〈Silk Screen〉〈Self-Portrait〉といったウォーホルの人物や作品、背景、歴史、スタイル、思想を表現したというデザインに加え、先のメッセージはツルの裏側にプリントされ、飾り鋲(びょう)にはダブルクウォーテーションマーク(“”)がアイコニックに落とし込まれている。

鋲のデザインとして落とし込まれた、ダブルクウォーテーションマーク「“”」。
“In the future everybody will be world famous for fifteen minutes(誰もが 15 分間有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう)”

9月14日(金)に〈Silver Factory〉〈Self-Portrait〉シリーズが、28日(金)には〈Silk Screen〉が全国のZoff店舗とオンラインストアなどで発売開始となる。

実は、ウォーホールは先の発言を70年代後半にこう言い直している。「誰でも15分以内に有名人になれる」と。まさに、現在である。

https://www.zoff.co.jp/