C.E presents WILL BANKHEAD, SAMO DJ & POWDER

The Trilogy TapesのWill Bankhead、Born FreeのSamo DJ、POWDERをラインナップし、C.Eがパーティを開催。

by MORIO YAMAKAWA
|
13 April 2018, 8:46am

洋服ブランド<C.E (シーイー)>が、本日23時より表参道に位置するVENTにてクラブイベントを開催する。

Skate Thing (スケートシング)がデザイナー、Toby Feltwell (トビー・フェルトウェル)がディレクターを務めるC.E主催による本イベントは、C.Eのショップでマーチャンダイズも取り扱われておりブランドとの関係性が強い、英国の音楽レーベル<The Trilogy Tapes (ザ・トリロジー・テープス)>のWill Bankhead(ウィル・バンクヘッド)、ストックホルムを拠点にプロデューサーとして名だたるレーベルから音源をリリースする傍ら自身のレーベルであるBorn Freeを主宰するSamo DJ(サモ・ディージェー)、そしてここ数年のうちヨーロッパのダンスミュージックシーンにおいて最も華々しくブレークスルーを果たした日本人プロデューサーPowder(パウダー)の3名をゲストに迎え開催される。

飽和しつつあるダンスミュージックシーンにおいて、長きに渡って第一線で活躍し続けているWill Bankhead(ウィル・バンクヘッド)は、他と一線を画すアーカイヴと経験によって、あらゆるシーンやレイヤー、ジャンル、どんなパーティにおいてもその場にいるすべての人の心に残るプレイを可能としている。自身が主宰するレーベル、The Trilogy Tapes(ザ・トリロジー・テープス)のリリースをみれば音楽的造詣の深さが手に取るようにわかることだろう。

Samo DJは、スウェーデンはストックホルムをベースにレコードレーベル兼コラボレーションの為のプラットフォームでもあるBorn Free(ボーン・フリー)をDJ Slingと共に主宰しており、前述したThe Trilogy TapesやL.I.E.S.、Snaker、Macadam Mamboなど、名だたるレーベルからキワどいサンプルネタを解体・解体し再構築した音源をリリースするアーティストでもある。奇才SkudgeとのユニットFour Legs、香港スラムに捧げるシネマティック・プロジェクトであるKWC92など数々の名義を使い分けつつ、L.I.E.Sからのリリースで知られるTzusingやStudio Barnhusの中核を担うBaba Stiltzとの共作もおこなうなど、器用さと音楽的センスの良さは折り紙付きだ。

今から3年前の2015年にBorn Freeからリリースしたデビュー作に続いてESP Instituteより発表したEP、Highlyによって世界中から注目を浴び、日本における知名度と反比例するがのごとく海外におけるギグを成功させてきたPowder。彼女が世界中のダンスフロアにおいて渇望されるアーティストであることに異論を唱えるものはいないと思うが、もしもそれを誇張した表現だと疑うのであれば、ベルリンのGriessmuehleで開催される名物イベントCocktail d'AmoreやBerghain / Panorama Barに度々招聘されているその事実を知らないだけだろう。

前述した3名に加えて、NTSのマンスリープログラムを担当するなど世界的にも注目を集めるLil Mofo(リル・モーフォ)、Libra Mixへのミックス提供で知られるAndry Adolphe(アンドリー・アドルフ)もラインナップされている。

C.E presents WILL BANKHEAD, SAMO DJ & POWDER
WILL BANKHEAD
SAMO DJ
POWDER
LIL MOFO
ANDRY ADOLPHE

Friday 13 April 2018(2018年4月13日)
Open/Start: 11:00 PM
Venue: VENT
Advance ¥1,500 / Door ¥2,500
Tickets available from Resident Advisor / Clubberia

※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため顔写真付きの公的身分証明書をご持参願います (Over 20's Only. Photo I.D. Required.)

Tagged:
Music
c'è
event
Powder
samo dj
will bankhead