「私を捨てたことを後悔しないで」境界性パーソナリティ障害を持つ私から元恋人へのメッセージ

ふられたからってあなたを責めたりはしない。それから、酔っ払ってメールを送りまくったことは反省してる。

by Megan Wallace; translated by Nozomi Otaki
|
17 February 2020, 8:12am

愛するのが簡単な相手なんていないが、私は特に難しい相手だと自負している。プロフィールだけ見れば、充分合格点といえるだろう。音楽の趣味は悪くないし、チャンスさえあれば気の利いた振る舞いができるし、大抵2回目のデートのお誘いもある。

しかし、私を知るにつれて、そのうわべだけの安定がいかに脆いかに気づくだろう。私の精神状態はずっと、エネルギーに満ち溢れているときと、どうしようもないほど塞ぎ込むときを行ったり来たりしている。つまり、ほとんど眠らず、迷いも生じない期間と、あらゆる責任を放棄してベッドで泣き続け、仕事に行ったとしてもトイレで泣いてしまうような期間だ。

この不安定な精神状態と絶えず変化する自意識、人間存在の無益さについて嘆かずにはいられない性分のせいで、私は複数のセラピストから、境界性パーソナリティ障害ではないかと指摘された。

私は自分の頭のなかで起こっている問題をできるだけ率直に打ち明けるようにしているが、みんなが密かに自分を嫌っている、という私の奥深くに染み付いた恐怖や、私の強烈で凄まじい〈うつ期〉を目の当たりにしない限り、誰もそれを理解してくれない。

基本的に、私が抱えるものは善良なひとびとをひどく困惑させ、Netflixを観ているあいだに後ろから抱きしめられるだけで安心できるひとにとっては、不快で迷惑な、屈折した感情なのだ。

人生がうまくいっているとき、もしくはセラピーに通って薬を大量に飲んでいるときは、自分でバランスを取り、それをしばらく保つこともできる。それは大抵の場合、誰かと真剣で相互的な恋愛関係を築けているときだ。

しかし、ここでの問題点は、私のメンタルヘルスの問題が慢性的なもので、(最悪なことに)おそらく一生続くということだ。つまり、私自身がどんなに状況を変えようと努力しても、長期的な関係を築けば、パートナーは最終的に重荷を分かち合うことになる。

誰だって愛する相手が苦しむ姿なんて見たくないし、人生をともに歩み始めた(またはともに歩むことを想像した)相手が別人のように感じられる、なんていう体験もしたくはない。

もちろん、自分を含め、誰しも自分の精神疾患を恥じるべきではないと思うが、同時に、私たちが抱える葛藤がパートナーに負担をかけることも否定できない。大切なのは、みんながパートナーの精神疾患に長期的に向き合えるわけではない、と理解しておくことだ。

パートナーのメンタルヘルスの問題や、リスクの高い生活習慣を改善させようとする関係性、すなわち共依存は、片方もしくは双方の精神状態が健全でない場合に生じやすい。特にパートナーが抱える症状をよく理解してない場合は、ネガティブな関係を長引かせてしまい、結果としてお互いに幸福よりも不幸をもたらすことが多い。

だから、もし過去に私と付き合っていた誰かがこれを読んでいるなら、私が酔っ払って送った数々のメールは本気にしないでほしい。別れたことであなたを責めたりはしない(ただし、大学の卒業式で私をふった最低なあいつは許さない)。結局、あなたが優先すべきはあなた自身なのだから。相手の精神状態に感情を振り回されるような関係に、縛り付けられる必要はない。

パートナーがとてもつらそうなときは、相手の世話係(家に篭りきりにならないよう気を使い、食事の管理や山のような洗濯物をこなす)、無給の精神科医、唯一の友人、それら全部をひっくるめた存在に徹してしまうこともある。

しかし、パートナーのためにできることには限りがある。大切なのは、相手と付き合う期間の長さと、相手の回復を妨げるのではなく、回復のために前向きに尽くせているのかどうかをよく見極めることだ。

私のようにメンタルヘルスの悩みを抱えるひとに、はっきり伝えておきたいことがある。まず、病気を抱えていても愛されたいというのは決してワガママじゃない。あなたにだって、他のみんなと同じように、誰かに優しくされ、親密な関係を築く権利がある。

でも、時には割り切ることも必要だ。どんなに現実から目を背けたくても、あなたに本当に必要なのは境界線、安定、大きすぎる期待を持たないことだ。マッチングアプリをもういちどダウンロードする前に、自分によく問いかけてみてほしい。

もう次の恋愛をする準備ができている? それともまだシングルのままでセルフケアに専念するべき?

あなたが自分の望み、必要なもの、自分にできることについてまったく考えずにやり過ごせば、誰かが傷つくことになる。それは、あなただけの問題じゃない。デートと同じで、守れない約束はしてはいけない。

これが、過去の過ちから学んだ私のアドバイスだ。

メンタルヘルスについて相談したい場合は、こちらの相談機関リストを参照のこと。

Tagged:
Dating
mental health
Think Pieces