supported by MONCLER

モンクレールが集結させた“天才たち”の館〈ハウス オブ ジーニアス 東京〉の前夜祭をレポート

モンクレール ジーニアスの2019秋冬コレクションが一堂に会す〈ハウス オブ ジーニアス 東京〉のオープニングパーティが11月7日に開催。ラブリ、 Mars89、dodoなど。来場していた気になるゲストに尋ねてみた。「あなたにとっての天才とは?」

by Tatsuya Yamaguchi; photos by Ginjiro Uemura
|
11 November 2019, 10:00am

supported by MONCLER

2019秋冬の「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の全ラインナップが集結したコンセプトショップ〈ハウス オブ ジーニアス 東京〉が11月8日(金)、原宿のB-SIDEとBA-TSU ART GALLERYにオープンした。

モンクレールジーニアス,

その前夜、フランチェスコ・ラガッツィがアーティスティックディレクションを手がけた空間中央には、全長3メートルを超えるMR.CRAZYが鎮座。会場から溢れんばかりのゲストに加え、ライゾマティックスによるパーティ用の特別なビデオ・インスタレーションとサカナクションの山口一郎によるDJが熱気の渦を生んでいた。

サカナクション, 水口
1573218259959-GJR_6709-min

山下智久や杉咲花、モデルの福士リナ、ラッパーのちゃんみな、KANDYTOWNの面々も駆けつけ、天才たちに捧げる祝祭の夜が繰り広げられた。

MONCLERがジーニアス コレクションをはじめて発表されたのは2018年2月のミラノ。それぞれがまったく異なるバックグラウンドをもつ多彩なファッションデザイナーたちを招いたダウンウェアの創造的な再解釈から、コレクションを順々に“ドロップ”していく斬新なローンチ方法まで、次代のあり方を模索しているファッション業界に大きな反響を巻き起こしてきた。

今季のコラボレーターは、クチュールテクニックを駆使するVALENTINOのピエールパオロ・ピッチョーリ、気鋭のリチャード・クインやシモーン・ロシャ、クレイグ・グリーン、現代のストリートシーンを牽引するマシュー・ウィリアムズの手がける1017 アリックス 9SM、そして藤原ヒロシ率いるfragmentら9組。

1573218309244-GJR_6731-min

数多あるダウンメーカーの中でも、機能的なバリューを損なうことなく、明快に、新しいクリエイティビティのあり方に果敢に挑み続けてきたMONCLER。いま、「(才能の)集結と多様性」こそ、モンクレール ジーニアスを紐解くキーワードだ。

自由を与えることほど、挑戦的なことはない。結果、あまりにも素晴らしいコレクションが揃ったことが、MONCLERの知性と決断力がいかに優れているかをあらわしている。MONCLERは、これまでも、これからも、天才たちの存在を証明し続けていくだろう。

そこでi-Dは、オープニングイベントに来場していたゲストの面々にいくつかの質問をしてみた。例えば、「あなたにとってのジーニアス(天才)とは?」とか。

machina, マキーナ, モンクレール, DJ

Machìna(ミュージシャン)

——あなたが天才だと思うのは?

「諦めずに努力している人。それが天才でしょ」

——より多様性が生まれるために必要なのは?

「シェア。日本の文化ってやっぱりクローズしていて、他人に自分の気持ちをシェアすることを失礼だと思っている。それを伝えるだけでダイバーシティが生まれると思う。あと「説明」がいらない。ルールのアナウンスが多すぎる(笑)」

——あなたにとっての理想のチームは?

「ファミリー(家族)。あとセクションが分かれて、海外のマネジメントのように自分がやることがはっきりしているチームがいい」

yu ishizuka, イシズカユウ

イシヅカユウ(モデル)

——あなたが天才だと思うのは?

「この世に生まれてきて、今生きている人全て。この大変な世の中で生きているだけで相当なジーニアスだと思う」

——より多様性が生まれるために必要なのは?

「この世にはどんなものもいていい、いるんだという前提を持つことが必要」

——あなたにとっての理想のチームは?

「全員が同じ気持ち、目標を持たなくてはいけないという押し付けがなく、チームメイトがそれぞれにいろんな角度から物事を見つめていける組織」

dodo, モンクレール, モンクレール・ジーニアス, ラッパー

dodo(ラッパー)

——より多様性が生まれるために必要なのは?

「考える人々。みんな自分のことを考えよう!」

——あなたにとっての理想のチームは?

「交友がキチンと保たれている。リスペクト each others」

Zinez, ジンジ, ストリートバスケ,

ZiNEZ a.k.a KAMIKAZE(フリースタイル・バスケットボーラー)

——あなたが天才だと思うのは?

「新しい試みを出し続ける人、0から1を作る人、挑戦をやめない人」

——より多様性が生まれるために必要なのは?

「変わるべきときに変われること。守るべきものを守る。全年齢の意見を取り入れる」

——あなたにとっての理想のチームは?

「組織やチームと聞くと5人それぞれの役割のあるバスケのイメージが強いっす。理想のチームは適材適所で、それぞれにデカい野望があること」

ラブリ, 白濱イズミ, モンクレール, モデル

ラブリ(モデル・アーティスト)

——あなたが天才だと思うのは?

「0から1を作り出してきた人たち。井上陽水さんの歌詞。宮崎駿さん、その脳内をまとめてきた鈴木敏夫さん。ピアニストのチリー・ゴンザレス。あと小室哲哉さん。日常の中に新しい日常と平成のムーブメントを作り出したから」

——より多様性が生まれるために必要なのは? あるいはいらないものは?

「“流行りを私も知っている”という安心感=みんなと一緒感。自分から自身が何を好きか、誰は何が好きか、何が私を作り出しているのか、考える力、想像力を低下させているんだと思います。街中を占領しまくっているタピオカは早くなくなった方がいいですね。美味しいけど。与党と野党が出すタピオカ店があったら若者の選挙率は確実に上がりますね。流行りを利用することでしか、社会を変えられない時代になったようにも思います」

Mars89, DJ, マーズ

Mars89(DJ)

——あなたが天才だと思うのは?

「レオナルド・ダ・ヴィンチ。異端の烙印を押されながらも物理学や哲学から美術まで幅広い分野で素晴らしいものを残した」

——より多様性が生まれるために必要なのは?

「人を一個人として尊重しあうこと」

——あなたにとっての理想のチームは?

「メンバー各々の特性をフルに発揮できる組織」

bibi, モデル, ビビ

Bibi(モデル)

——あなたが天才だと思うのは?

「ベン・シャーン、トゥールーズ・ロートレック。リアルで社会的な作品を世に送り出していたので個人的にも好きな画家たちで、とても尊敬しています」

——より多様性が生まれるために必要なのは?

「誰かの考えを鵜呑みにしたままの同世代が多いような気もします。何に触れる時もインスピレーションを感じ、そこから自分自身をクリエイトしていければ多様性は生まれると思います」

——あなたにとっての理想のチームは?

「アルフレッド・ヒッチコック×バーナード・ハーマン。マーティン・スコセッシ×ロバート・デ・ニーロ。ルイ・マル×ジャンヌ・モロー。2つの力が1つになり最強のタッグになる事はもちろん理想ですよね」

Tagged:
straight up
Moncler Genius
House of Genius