プロスケーターであり、アーティスト マーク・オブローが「フォト&ライブアート展」を一日限定開催

マーク本人によるライブペインティング、写真や絵画の展示が一日限定で開催。

by Tatsuki Nakata
|
22 May 2018, 8:29am

カリフォルニアを拠点にしているプロスケーターのマーク・オブローは、写真家や絵画や壁画、版画を使用したペインター、さらにはアパレルブランドのクリエイティブ・ディレクターとしても知られているアーティストだ。カリフォルニアのみならず、サーフ・スケートカルチャーが根ざす多くの国で注目を集めている。プロスケーターでもありモデルでもあったディラン・リーダーとも親交があり、ディランが亡くなる6週間後に発表された『What Youth』誌「ディラン・リーダー号」のキュレーションも手がけている。

表現媒体にとらわれず、スケートカルチャーを表現し続ける彼が、5月23日(水)に「フォト&ライブアート展」と題した展覧会を代官山のセレクトショップ〈Styles代官山〉で開催する。会場ではマーク本人のライブペインティングに加え、来場者と共にコミュニケーションをとり、作品を会場内に展示する催しが予定されている。

1日限定のイベントにつき、見逃しのないよう。

マーク・オブロー フォト&ライブアート展
日時:2018年5月23日(水) 18:00-21:00
場所:Styles代官山
東京都渋谷区猿楽町11-8 メゾン代官山

Tagged:
Dylan Rieder
mark oblow
what youth
styles daikanyama