映画『バンコクナイツ』のトリビュート・レコードが発売

坂本慎太郎×VIDEOTAPEMUSICとStilichimiyaによる2作品がリリースされる。

by Ayana Takeuchi
|
13 October 2016, 6:20am

映像制作集団、空族による映画『バンコクナイツ』が2017年2月下旬に公開される。今作は、元自衛隊員とバンコクの日本人向け歓楽街でホステスとして働くタイ人女性の交流を描いたロードムービーだ。この映画のトリビュートアルバム2作が12インチ盤でリリースされる。

第1弾は、12月10日(土)発売の坂本慎太郎×VIDEOTAPEMUSICの『バンコクの夜』。本作は「悲しみのない世界(You Ishihara Mix)」のミュージックビデオ制作で出会った2人による、初の連盟単独リリースとなる。A面「夢で見た町」は、ファンにはおなじみの中村楓子をボーカルに迎え、レゲエのディスコミックスのようなサウンド展開に。B面は「バンコクの夜」、「ディスコ・パンク」と題したエレクトロニックなインストチューンを収録した。

第2弾は、空族の前作『サウダーヂ』にも出演した、山梨のヒップホップグループStillichimiyaが手がける「バンコクナイツ」。A面では、タイのイサーン地方のスター、ダオ・バンドンの楽曲「水牛に乗る人」をサンプリングした表題曲を収めた。B面は、このチューンをCOMPUMAの松永耕一がリミックス。こちらは、1月21日(土)にリリースされる。

フィルムカメラやカセットテープなど、デジタル世代のアナログブームが盛り上がっているが、レコード盤でのリリースにこだわるアティチュードにもぜひ注目したい。

問い合せ先
エム:レコード
info@emrecods.net

Credits


Text Ayana Takeuchi

Tagged:
Music
Shintaro Sakamoto
bangkok nites
videotapemusic
compuma
stillichimiya