the i-D guide to Louis Vuitton

空へ、海へ、彼方へと続く夢の旅路。パリで開催され話題を呼んだ『旅するルイ・ヴィトン』展が、海を渡って東京にやって来た。6月19日まで、入場無料で公開されている注目のエキシビションを紹介する。

by Aiko Ishii
|
29 April 2016, 9:30am

1. VOLEZ, VOGUEZ, VOYAGEZ|飛行、航海、旅とは?

旅を思うとき、あなたの胸に去来するのは何だろうか? 冒険心や高揚感、あるいは特別な思い出や癒しの体験......。心に大切な何かを刻む"旅"こそ、世界のトップメゾンとして君臨するLouis Vuittonの歴史であり真髄だ。その軌跡を辿る壮大なエキシビション『Volez, Voguez, Voyagez-Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ-旅するルイ・ヴィトン)』展が、6月19日まで東京・紀尾井町に隣接する特設会場にて開催されている。船に乗って探検の旅に出た冒険家たちの伝説のトランクや、ジェット・セッターたちの贅を尽くしたヴァニティ・ケースなど、貴重なアーカイブの数々。まさに空へ、海へ、そして未知の彼方へと私たちを誘ってきたLouis Vuittonの旅物語。見どころは尽きないので、気楽なデイトリップというより、時空を越えた小宇宙の旅ぐらいの衝撃は覚悟しておいてほしい。

2. キュレーター|オリヴィエ・サイヤールってどんな人?

東京に先駆け2月まで、パリのグラン・パレを占拠し大反響を呼んだ今回のエキシビション。そのキーパーソンが、キュレーションを手がけたオリヴィエ・サイヤールだ。ガリエラ宮パリ市立モード美術館の館長で、現在開催中の『PARISオートクチュール』展も監修。2012年のComme des GarçonsとBALENCIAGAの企画展や2013年の『アライア』展など、モード界で話題をさらったエキシビションには必ずその名がある、言わずと知れた世界的なキュレーターだ。抜群のセンスで知られる女優ティルダ・スウィントンとのクリエイティブな即興劇も有名だろう。本展ではマエストロ、サイヤールがLouis Vuittonの膨大なるアーカイブに耽溺、時間軸ではなく10章でその旅路を綴る、これまた心憎い構成となっている。

©Gregoire ALEXANDRE

3. 空間|東京に出現した巨大会場

突如として巨大な特設会場が登場したのは、1978年に日本初の店舗がオープンしたというメモリアルな地だ。全10章からなる旅の空間デザインはロバート・カーセンが担当。船出はメゾンを象徴するトランク「マル」から。創業者ルイの木材へのこだわり、歴史と共に確立されたブランドコードのトリビア的回顧へと続いてゆく。ハイライトの4章では、船、列車、自動車、飛行機と進化を続ける旅とルイ・ヴィトンの関係をフィーチャー。他にも、3代目ガストン-ルイの所蔵品やグレタ・ガルボやローレン・バコールといった美しき顧客のトランク、アトリエで製作されたスペシャルオーダーの数々と、貴重なコレクションが勢ぞろいしている。日本からのインスピレーションをまとめた第10章まで、驚きの旅を楽しめるだろう。

4. ルイ・ヴィトンとデザイナー|インスピレーションはどこから誕生する?

1854年、創業者ルイ・ヴィトンが叡智を結集して作り上げた、軽くて丈夫な旅行用トランク。美しさを備えたラグジュアリーなトランクは、瞬く間に世界を魅了した。2014年よりマーク・ジェイコブスの後を継ぎウィメンズ・コレクションを舵取るニコラ・ジェスキエールもまた、そのタイムレスな魅力を確信している1人。メゾンの貴重なアーカイブは彼の手によりモダンに翻訳され、女性が手軽に持ち運びできるトランク型のコンテンポラリーなクラッチバッグとなって新たな命を与えられている。VVV展で目にするメゾンの旅路こそ、ニコラ・ジェスキエールの独創的なインスピレーションの源なのだ。

5. 華々しき顧客たちの旅|夢を叶えるスペシャルオーダー

グレタ・ガルボやキャサリン・ヘプバーンなど、銀幕のスターたちが愛用したトランクやヴァニティ・ケースの数々。インドのマハラジャはトラ狩りの休憩用にと、シルバーの美しい道具を収めた「ティー・ケース」を所望。そして、コンテンポラリーアートの異端児、ダミアン・ハーストがチャリティプロジェクトでデザインしたのは、色鮮やかなバタフライが舞う手術道具ケース。時として風変わりな、実現不可能とさえ思われるオーダーも、ラグジュアリーなスペシャルアイテムに仕上げてしまうのがLouis Vuittonたる所以だろう。過去から現在、そして未来を通して、世界を旅するジェット・セッターたちの夢を叶え続けるアトリエのサヴォアフェール(匠の技)。東京展ではフランスから職人たちが来日、目前で実演している。旅のフィナーレで、世界に誇るメゾンのクラフツマンシップを体感したい。

VOLEZ, VOGUEZ, VOYAGEZ - LOUIS VUITTON
空へ、海へ、彼方へ − 旅するルイ・ヴィトン展
2016年4月23日(土) − 6月19日(日)
午前10時 − 午後8時 (最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日 (5/2、6/13は午後1時より開館)
特設会場:東京都千代田区麹町5丁目 特設会場
詳細はwww.louisvuitton.com

お問い合わせ
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
Tel. 0120-00-1854

Credits


Text Aiko Ishii
Photography Takehiro Goto