山谷佑介&松川朋奈「at home」+沢渡朔「Rain」

繰り広げられる、ヴィジュアルの交錯。あらゆる垣根を越え、それぞれ異なる思いを抱いた3人の作品が一堂に会する。

by i-D Staff
|
06 June 2016, 10:05am

2016年6月4日(土)〜7月2日(土)にかけて、江東区東雲に位置するユカ・ツルノギャラリーでは3人のアーティストによる展示が、二人展と個展の同時開催という珍しい形で行われている。写真家・山谷佑介と画家・松川朋奈による二人展「at home」と沢渡朔の個展「Rain」で構成される空間は、各作家の経歴や表現方法によるジャンル分けに囚われることない独自のキュレーションによって、訪れる人々を楽しませてくれる革新的な機会となっている。

山谷佑介は、赤外線カメラで家を撮影した新シリーズを発表している。人間の営みに欠かすことのできない"家"という存在は、無機質でありながら、住人の生活の名残を経年と共に宿している。中を透かしてみることは叶わなくても、その特殊なイメージからは、作家の願望や欲求を推し量ることができる。松川朋奈は、モチーフとなる同世代の女性の持ち物や身体を写実的に表現する術を独自に追求している。彼女たちにインタビューを重ねることで浮き彫りになった人間性や内面を、絵画上で再構築する。こうして両者は異なる手法で、そこに確実に存在する"痕跡"を捉えている。

一方、長年ファッションフォトやヌードフォトを中心に女性を写し続けてきた沢渡朔は無意識のままに、雨の街の姿を写す。ファインダーを覗くことで育まれる、その美しくも歪んだ外界との関わり方の今日のかたちが、激しくも憂いを帯びた本作品からは窺い知ることができる。

それぞれの作品もさることながら、今回の一風変わった展示構成にも注目すべきだろう。一見バラバラに思える要素が織り成す絶妙な調和を、実際にあなたの目で確かめてほしい。

山谷佑介&松川朋奈「at home」+沢渡朔「Rain」
開催中 2016年7月2日(土)まで
会場:YUKA TSURUNO GALLERY
時間:11:00-19:00
休館日:日曜日、月曜日

Tagged:
Art
Photography
yuka tsuruno gallery