リカルド・ティッシがBurberryで初のウィメンズコレクションを発表

2018年にBurberryのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任したリカルド・ティッシが表現する「フェミニニティ」とは?英国のアーティスト、Shygirlの朗読で誘われるBurberry2021年秋冬コレクションのプレゼンテーションムービーをご覧あれ

by Noriko Wada
|
28 April 2021, 8:24am

Burberryのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任して3年、リカルド・ティッシが発表した初のウィメンズコレクション。「全女性へのラブレター」として「Femininity」と題された10分4秒のプレゼンテーションは、ARCAとコレボレーションし注目を集めるイギリスのアーティストShygirlの「自然と女性の神聖さにインスピレーションを得た」朗読から始まり、今季のメンズコレクションの舞台になったBurberryの121リージェントストリート店をステージにモデルたちが歩き出す。

「今回のコレクションは、女性のエネルギーを象徴するものにしたいと思いました。その根底には、個性的でエキセントリック、そしてオーセンティックという非常に英国的な要素があります」

Burberry Autumn_Winter 2021 Womenswear Collection - Look 26 - Xue_001.jpg
© Courtesy of Burberry​
Burberry Autumn_Winter 2021 Womenswear Collection - Look 6 - Chai_001.jpg
© Courtesy of Burberry​
Burberry Autumn_Winter 2021 Womenswear Collection - Look 13 - Mayowa_001.jpg
© Courtesy of Burberry​

8人の姉妹と母の中で中で育ったティッシにとって「エモーショナル」だというウィメンズコレクション。揺るぎない母なる自然と20世紀初頭の英国工芸や自然主義のムーブメントに敬意を払った彼による力強いBurberry2021年秋冬コレクションは、Burburryのクラシックなベージュのトレンチコートをアジア人モデルがまといスタートし、天文学のモチーフや太陽を象徴するゴールドのパイエットが揺れるガーメントとフラッグバッグ、エコフェイクファーのコート、大胆なカラーがドッキングされたドレスが続く。自然や伝統、ヘリテージをアップデートしながら、自由な未来に向かい「動物世界で人間を祝福するようにフェミニニティをセレブレート」した本能的なフェミニニティが表現されていた。そして最後に、フィナーレで退場していくモデルたちを見上げるティッシの姿で幕を降ろす。彼のTシャツのバックにはこう書かれている。

「Don’t believe everything you think.(あなたが考えるすべてのことを信じてはいけない)」。

Burberry Autumn_Winter 2021 Womenswear Collection - Look 2 - Janet_001.jpg
© Courtesy of Burberry​
Burberry Autumn_Winter 2021 Womenswear Collection - Look 36 - Chai_001.jpg
© Courtesy of Burberry​
Burberry Autumn_Winter 2021 Womenswear Collection - Look 22 - Hannah_001.jpg
© Courtesy of Burberry​
Tagged:
burberry
Riccardo Tisci
Burberry AW2021